鈍感力が問われるとき

ウェムちゃん、

お父さんの寿司子屋の活動が、朝日新聞という日本で2番目に大きい新聞で取り上げられたよ。(記事を読みたい方はここをクリック)

寿司子屋教室も明日で4回目。すでに5カ国18人が太巻き作りを学んでいったよ。

寿司教室だけじゃなくて、寿司仕出しサービスも始めた。前日に注文をとって、朝家で作った寿司を、昼間に国連事務所とかに配達しているんだ。メニューは色々あって、ベジタリアン用に、アボガド、ニンジン、キュウリ巻き。スモークサーモン巻き。カニカマ。海老の天ぷらとカニカマを混ぜたのは「YOKOスペシャル」。新しいメニュー開発にも取り組んでいて、マグロとサーモンの刺身を裏まきの上に乗せる、レインボーロールとかね。

13329355_10154029414151999_2014986747676862472_o.jpg

仕出しはこれまで計7回、約60人分の寿司を配達したけど、何人かリピーターが出てきているから心強いね。

もし、寿司子屋プロジェクトがうまくいったら、難民でもいいし、ヨルダン人でもいいけど、このビジネスモデルを、誰かに引き継いで、ヨルダンを去りたいと思うね。寿司を使った職業訓練みたいな感じかな。これこそ日本にしかできない独自支援だよね。

こういう新しいこと始める時、大事なのは「鈍感力」だ。お父さんの名前は「揺光」だけど、「鈍太」(どんた)という名前も候補に挙がっていたんだ。お父さんのお母さんが、周りの雑音に対して鈍く太く、自分の信念を貫く人間になってほしいという願いで。

新しいことを始めようとするとき、必ず、家族や友人の中から「いや、それは○○だから、しないほうがいいんじゃないか」という人が出てくる。場合によっては9割以上の人が、そういうことを言ってくるかもしれない。

今回も、「食中毒になったらどうするのだ?」とか「あなたは本当の寿司職人ではないでしょ」とか「詐欺じゃないか」とか、色々言ってくる人がいる。しかも、なぜか、こういうことを言ってくるのはほとんどが日本人だ。外国人の方の多くは「面白いね!」とか「うまくいくんじゃない!」とかが多い。なぜ、国籍でこうまで違うのかわからないけど、いい意味でも悪い意味でも、日本の方たちは慎重で、おせっかいだね。

こういうときは、「いや、あなたは間違っている!」とか反論するんじゃなくて、「お気遣いいただきありがとうございます」とだけ言えばいい。向こうも悪気があって言ってきているわけじゃないからね。

もちろん、私が作る寿司でお客さんが食中毒になる可能性はゼロじゃない。それは、私が道路を横断して交通事故に絶対あわないと言えないのと同じだ。でも、これまで数年間、私が家で料理したもので、お母さんが病気になったことはない。こちらでは一般のレストランで食べてもお腹をこわすことはある。でも、それでレストランを訴えようなんて人は見たことがない。

ウェムちゃんには、自分がやりたいと思ったことは、素直にやる人間になってほしい。お父さんのお義母さん(妻の母)なんて、「仕出し業なんて、(国連とか新聞社で働いた)ヨウコウの資質に合わない」と言ったそうだ。自分が大学院で何を勉強したとか、どの会社で働いたとか関係ない。ウェムちゃんは、やりたいと思ったことをとことんやってくれ。それでもし失敗したとしても、自分で決めてやったことで失敗した後悔と、周りの空気を読んでやった失敗の後悔とじゃ、同じ後悔でも、その度合いも種類も全然違う。自分で決めてやったことなら、よりスッと自分の体の中で消化できると思うけど、後者の後悔は他人に責任転嫁したい衝動にかられるかもしれない。

「ウェム」は胎名で、まだ本当の名前を決めてないのだけど、「鈍太」っていう名前はどうかな笑。
スポンサーサイト

9月14日 朝日新聞朝刊 「私の視点」に掲載されました

朝日記事


 成長戦略の柱に「女性の活用」を掲げる安倍晋三首相は、改造内閣で過去最多に並ぶ5人の女性を閣僚に起用し、「女性活躍担当相」を新設した。「一歩前進」という声を聞くが、最近まで専業主夫だった私にはしっくりこない。「活用」「活躍」などと聞くと、これまで女性たちは社会に活用されず、活躍してこなかったかのような印象を与えないだろうか。

 報道によると、従業員300人以上の企業対象の調査で管理職への昇進を希望するのは男性6割、女性1割。女性が希望しない理由は「仕事と家庭の両立が難しくなる」が最も多い。総務省調査では、未就学児がいる共働き夫婦で家事や育児の時間は妻が夫の6倍だ。女性は男性より育児や家事の現場で「活躍」し、「活用」されているのだ。

 私と妻は2人とも国連職員だ。4年続いた別居生活に終止符を打つため、「待遇がより良い方が働き、もう片方が主婦/夫になる」と決め、昨年1月、私が主夫になった。

 妻が赴任したアゼルバイジャンでは、配偶者に就労許可は出ない。毎日料理本を見ながら食事の準備をするうち、結婚5年目にして初めて、妻がチョコレートケーキやカレーが苦手で、トンカツや酢豚などの揚げ物が大好きなことを知った。毎週木曜の朝は、欧米出身の主夫仲間とのお茶。大手石油会社などで働く妻に寄り添う彼らは、家族を第一に考える生き方を実践していた。私も負けじと、サケコロッケやアクアパッツアなど料理のレパートリーを増やしていったものである。

 3月からは妻が主婦となり、私がジュネーブで働いている。これまでは職場などで成果を残すことに執着して感情的な口調になり、人間関係がギクシャクすることもあったが、いまは感情を抑制できている。専業主夫を務めて夫婦関係が強固になったことも影響しているのかもしれない。

 私は主夫となり、社会的地位よりも家族や隣人に寄り添う大切さや素晴らしさを初めて学んだ。こういった「主婦/夫」の活躍をアピールしてこそ、家事や育児の現場で活躍したいと思える男性も増えるのではないか。

 首相に提案したい。まず男性部下たちに育児休暇取得を奨励してはどうか。彼らの家事、育児体験談を社会に発信し、自治体や民間企業の模範になってほしい。日本の男性の育児休暇取得率は他の先進国に比べて極端に低い。男女を問わず、隣人に寄り添う力を養ってこそ、国の成長が実現するのではないだろうか。

 (くろいわようこう 国連難民高等弁務官事務所職員)

アフリカから見た広島カープ (中国新聞8月27日掲載)

 中国新聞記事黒岩

 新潟生まれの私がなぜ赤ヘルファンになったのか。物心ついた時、6人いる兄姉が応援していない球団で唯一強かったのがカープだったからだ。小学生の時、日本シリーズの応援に西武球場へ出かけ、北別府学投手の200勝記念試合は同級生と2人で広島まで行き、見守った。

 昨年末まで3年間、私はアフリカの難民キャンプにある国連事務所やNGOで支援活動に携わっていた。カープ熱は冷めるどころか、逆にもっと好きになった。

 難民キャンプは、カネを握る欧米諸国の援助機関の論理で動く。難民のニーズに合わない援助が進む現実を前に、理想を見失いそうになることが何度もあった。

 そんな時、思い出したのがカープだった。エースや4番打者を他球団に放出しながらも、Aクラスに食らいつこうとする姿にどれほど勇気づけられたことか。

 内戦が20年以上続く、東アフリカのソマリア。そこから逃れてきた約万人が生活する、隣国ケニアの難民キャンプで私は働いていた。

 キャンプにはホテル、レストラン、インターネットカフェなどが立ち並ぶ。車やパソコンを所有する難民もいる。ソマリア人は欧米諸国にも数万人単位で移住しており、同胞からの送金などで難民自身の手で一つの「都市」を形づくってきた。

 ある難民の男性は、ケニアの首都ナイロビから太陽光パネルを購入し、携帯電話の充電サービス屋を立ち上げていた。難民の中にこうしたバイタリティーがあるにもかかわらず、キャンプの運営は設立時から20年以上、援助機関が牛耳り続けている。隔週で開かれる代表者会議に難民の姿は無かった。

 高卒の学歴がある難民は、英語や現地のスワヒリ語など多言語を使いこなし、多くは援助機関で働いている。しかし、大事な意思決定や運営資金の管理は外国出身の従業員の担当である。難民の従業員には通訳といった雑用しか回ってこない。

 高校の卒業式でも司会者や来賓はすべて、ガウンを着た援助機関の幹部。難民の従業員は私服姿のまま、会場設置に追われていた。通訳の難民男性は流ちょうな英語で「難民の卒業式なのだから、俺たちにできることは俺たちにやらせてほしい」と歯がゆさを押し殺していた。

 キャンプには、机やベッドを作る難民の大工が100人以上いた。それなのに国連の要請で中国製の学校机が数万台、どかっと寄贈され、彼らが仕事をする機会を奪ってしまったこともある。

 就職の機会が限られる難民に対し、援助機関は職業訓練などの場を提供する。しかし、その告知や研修には現地の言葉ではなく、英語が使われる。読み書きができず、失業率の一番高い10万人以上の難民は結局、蚊帳の外に置かれてしまう。

 キャンプには年間数十億円規模の援助資金が国連などから支給される。それが難民と援助機関と力関係に及び、難民はなかなか声を上げづらい。援助機関が難民6千人以上の就職口になっているから、なおさらである。

 私はNGOに勤務していた当時、難民の従業員40人の監督に当たった。「このキャンプをあなたたちだけで運営できるようにするのが私の夢です」と伝え、運営資金の管理など、他のNGOより多くの責任を任せようとした。ところが、全幅の信頼を寄せていた部下が運営資金と共に姿をくらまし、私の理想は見事に打ち砕かれた。

 「やっぱり援助機関が管理するしかないのか…」。諦めそうになった時、「若者フェスティバル」という難民たち自身で企画したイベントに参加した。歌や踊り、劇などを通じ、若者たちは「援助機関に頼らず、自分たちの足で立てるようになろう」とメッセージを放ち、数千人の観衆を集めた。数十倍の資金を投じても数十人しか集められない援助機関主導のイベントとは対照的だった。

 そこにあったのは人の絆とか情熱だとか、お金の論理を超えたものである。熱のこもったカープファンの応援風景と重なるものが感じられた。

 世界は今も「強者」の論理に振り回されている。そんな世界に立ち向かう者に夢を与えてくれたのも、カープが戦後の広島を精神的に支えてきたチームだからこそなのだろう。今年こそAクラスを目指せ、広島カープ!

朝日新聞朝刊(7月2日付け)「私の視点』に掲載されました

 朝日記事_convert_20130702133912


 ケニアの難民キャンプで私が携わった音楽コンテストが2010年6月、ニュース番組で報道された時は、とてもうれしかった。キャンプを訪れた音楽グループ「ゆず」のメンバーが「音楽で難民の夢を開きたい」と国連と協力して企画したものだ。難民の歌声がインターネットなどを通して日本で流され、投票によって、スーダン人の10代の女性3人組が優勝した。

 私は10年3月から約3年間、ソマリア人など約45万人が暮らすこの難民キャンプの国連事務所やNGOで人道援助に携わった。音楽コンテストでは予選の審査員も務め、出場した若者たちと親交を深めた。優勝者は、キャンプの様々なイベントで歌を披露して、鼻高々だった。

 音楽コンテストを通して日本で難民問題に関心を抱く人が増え、寄付金が集まったことは大きな成果だったと思う。ただ、本当にあのコンテストが、難民にとって最も必要とされる支援だったのか、今では疑問を抱いている。

 コンテストが終わって数カ月たったら、出場した若者たちが話題になることはなくなってしまった。そして、生活は改善されていない。現在もキャンプにある売店で働くなどして、月に数千円を稼いでいる状態だ。

 支援の方法は様々ある。トルコの団体は違うアプローチで支援した。ソマリア人は結婚する際、男性側が女性側に贈呈品を渡すのが慣例なのだが、仕事がないために用意できない多くの若者に「結婚奨学金制度」を創設した。数十人の難民の若者の結婚を支援し、「この恩は一生忘れない」と歓迎された。

 私がキャンプで実施した1300人の若者対象の実態調査で、「一番学びたいもの」にあげられたのは「経営学」や「英語」だった。キャンプにはレストランやホテルなどが立ち並ぶ大きな市場があり、そういった所で働くための能力を身につけることこそが彼らの本当の「夢」なのだ。

 一番大きなレストランのシェフの月収は3万円。ケニアの国家公務員並みだ。アジア料理をつくる技能を伝授すれば、キャンプで働く欧米出身の援助関係者数百人を顧客にビジネスができる。

 キャンプに住む難民の人たちは、よい仕事について幸せな家庭を築きたいと思っている。「難民の夢を開きたい」と考えるなら、現場の声を第一に考えてこそ、その効果が最大限発揮される。現場の視点こそが、支援に持続性をもたらすのだと思う。
 (くろいわようこう フリーライター)

3年7ヶ月振りに毎日新聞に黒岩の記事がカムバック

毎日新聞全国版「みんなの広場』欄(5月4日)に掲載されました。これを読んだ父親が電話をしてきて、3分以上会話をしてくれました(笑)。


毎日声20130504
プロフィール

seventh star 7

Author:seventh star 7
黒岩揺光  
1981年、新潟生まれ。7人兄弟の末っ子。15歳で米国留学して以来、住んだ国は計8カ国に。海外生活計17年。日本では毎日新聞記者、アフリカでは難民キャンプの工場長、アゼルバイジャンで主夫、ジュネーブで国連職員などを歴任。現在は中東ヨルダンで妊娠した妻に寄り添う専業主夫。
 著書に「僕は七輪でみんなをハッピーにしたい」(ユーキャン)「国境に宿る魂」(世織書房)。
メール連絡先 yokuroi×hotmail.com (「×」を「@」にしてください) ツイッター:@YokoKuroiwa

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR