アメリカと日本の卒業文集を比べてみる

 新潟の実家から1−2キロ離れた所に「国際情報高校」という県内屈指の進学校がある。私の父親が校長先生に「息子がこんな本を出したんです。是非、高校生に話をさせてやってほしい」と親バカぶりを発揮。8月27日に、アフリカでの体験を話すことになった。

 対象は、「海外大学進学コース」の生徒ら約30人。なので、アメリカの高校、大学での私の体験により関心があるだろうと予想し、当時の写真や学校の文集を実家の倉庫から引っ張り出してみた。
 
 「そういえば、アメリカと日本の文集を読み比べてみたことなかったなあ」と思い、改めてページをめくってみた。そしたら、文集の構成が180度異なっており、二つの国の違いが際立っていることに気付いた。これは面白い「教材」になると思い、生徒たちに見せて、違いについて尋ねた。

IMG_6727.jpg

 まず、カバーデザイン。アメリカはカラフルで、日本は格式高い感じ。日本は「卒業文集」で卒業生全員に配られるのに対し、アメリカは一冊4000円で、買いたい人が買う。「卒業文集」というものはなく、「年度末文集」といい、全校生徒の写真があるが、卒業生中心に構成されている。


 次に、最初のページをめくってみる。

IMG_6728.jpg

 日本は、最初に校長先生と先生の集合写真があるのに対し、アメリカは生徒ばかり。アメリカの先生の紹介写真は96ページ目に出てくる。

 IMG_6730.jpg

 次に日本の生徒の集合写真。真ん中に先生がいて、男女がしっかり区別されている。(私は前から三列目の一番左でふてくされている)

IMG_6731.jpg


 アメリカは「クラス」とうものがないため、日本の様なクラスごとの集合写真はない。生徒個人の顔写真が男女混合で並べられる。各部活動の集合写真は上の様にあるが、基本は選手が中心で、監督(先生)は写真に出てこない。(ちなみに、私は最前列の一番左)。

 日本は、委員会や部活動の集合写真には必ず担当の先生がおり、時には先生が中心に座っていることもある。私のクラスの副担任は、クラス、委員会、部活を掛け持ちしており、卒業生の私より頻繁に文集に登場していた。

 IMG_6732.jpg

 アメリカの文集には、舌にピアスしている女子生徒が9ページ目に大きく取り上げられている(校長先生は96ページ目で、この女子生徒よりも小さい写真)。写真の横には「反乱者か革命家か?」という見出しがあり、「校則に従うのが重要なのか、個性を出すのが重要なのか?」という議論が交わされていた。

 IMG_6733.jpg

 アメリカは男女の距離感も違う。こうやって男女が抱き合っている写真が何枚も載せられている。

IMG_6734.jpg

 日本の文集にも男女が混じり合う光景があるが、微妙な男女の距離感がある。ちなみに左から4番目が私で、一緒に踊っている女子生徒、むっちゃ嫌がっている感じ(涙)。

 アメリカの高校に入って最初に驚いたことは、新入生の「自己紹介」がないということ。私が英語の講義で自己紹介を始めたら、「何やってんだこいつ」みたいな目で見られた。日本の様なクラスという単位がなく、学年を超えて個人個人がごちゃまぜに学んでいるため、新しい人が入っても目新しいことがないのだ。日本はしっかりとした「クラス」という輪があり、そこに新しく入る人がいたらその輪に入るための儀式が必要。一方、アメリカは輪ではなく、個人の「点」がたくさんごちゃまぜにあって、そこに新しく一つの点が混じるだけだから、儀式は要らないのだ。

 生徒たちには「どっちが良くてどっちが悪いということは考えず、同じ文集なのに、なぜここまで違うのか、そこにはどんな考えがあるのかを考えてみましょう」と伝えた。

 話の後、生徒7人が校長室に来て、「英語はどうすれば学べるか?」「ロシア語や中国語は大事か?」「国連に入るためにはどうすればいいか?」「どうやってアメリカの大学を選んだか?」「難民キャンプで働くには何が必要か?」などなど、たくさん質問を頂いた。こういった積極性こそ、多文化理解の第一歩だろうな。
スポンサーサイト

アフリカから見た広島カープ (中国新聞8月27日掲載)

 中国新聞記事黒岩

 新潟生まれの私がなぜ赤ヘルファンになったのか。物心ついた時、6人いる兄姉が応援していない球団で唯一強かったのがカープだったからだ。小学生の時、日本シリーズの応援に西武球場へ出かけ、北別府学投手の200勝記念試合は同級生と2人で広島まで行き、見守った。

 昨年末まで3年間、私はアフリカの難民キャンプにある国連事務所やNGOで支援活動に携わっていた。カープ熱は冷めるどころか、逆にもっと好きになった。

 難民キャンプは、カネを握る欧米諸国の援助機関の論理で動く。難民のニーズに合わない援助が進む現実を前に、理想を見失いそうになることが何度もあった。

 そんな時、思い出したのがカープだった。エースや4番打者を他球団に放出しながらも、Aクラスに食らいつこうとする姿にどれほど勇気づけられたことか。

 内戦が20年以上続く、東アフリカのソマリア。そこから逃れてきた約万人が生活する、隣国ケニアの難民キャンプで私は働いていた。

 キャンプにはホテル、レストラン、インターネットカフェなどが立ち並ぶ。車やパソコンを所有する難民もいる。ソマリア人は欧米諸国にも数万人単位で移住しており、同胞からの送金などで難民自身の手で一つの「都市」を形づくってきた。

 ある難民の男性は、ケニアの首都ナイロビから太陽光パネルを購入し、携帯電話の充電サービス屋を立ち上げていた。難民の中にこうしたバイタリティーがあるにもかかわらず、キャンプの運営は設立時から20年以上、援助機関が牛耳り続けている。隔週で開かれる代表者会議に難民の姿は無かった。

 高卒の学歴がある難民は、英語や現地のスワヒリ語など多言語を使いこなし、多くは援助機関で働いている。しかし、大事な意思決定や運営資金の管理は外国出身の従業員の担当である。難民の従業員には通訳といった雑用しか回ってこない。

 高校の卒業式でも司会者や来賓はすべて、ガウンを着た援助機関の幹部。難民の従業員は私服姿のまま、会場設置に追われていた。通訳の難民男性は流ちょうな英語で「難民の卒業式なのだから、俺たちにできることは俺たちにやらせてほしい」と歯がゆさを押し殺していた。

 キャンプには、机やベッドを作る難民の大工が100人以上いた。それなのに国連の要請で中国製の学校机が数万台、どかっと寄贈され、彼らが仕事をする機会を奪ってしまったこともある。

 就職の機会が限られる難民に対し、援助機関は職業訓練などの場を提供する。しかし、その告知や研修には現地の言葉ではなく、英語が使われる。読み書きができず、失業率の一番高い10万人以上の難民は結局、蚊帳の外に置かれてしまう。

 キャンプには年間数十億円規模の援助資金が国連などから支給される。それが難民と援助機関と力関係に及び、難民はなかなか声を上げづらい。援助機関が難民6千人以上の就職口になっているから、なおさらである。

 私はNGOに勤務していた当時、難民の従業員40人の監督に当たった。「このキャンプをあなたたちだけで運営できるようにするのが私の夢です」と伝え、運営資金の管理など、他のNGOより多くの責任を任せようとした。ところが、全幅の信頼を寄せていた部下が運営資金と共に姿をくらまし、私の理想は見事に打ち砕かれた。

 「やっぱり援助機関が管理するしかないのか…」。諦めそうになった時、「若者フェスティバル」という難民たち自身で企画したイベントに参加した。歌や踊り、劇などを通じ、若者たちは「援助機関に頼らず、自分たちの足で立てるようになろう」とメッセージを放ち、数千人の観衆を集めた。数十倍の資金を投じても数十人しか集められない援助機関主導のイベントとは対照的だった。

 そこにあったのは人の絆とか情熱だとか、お金の論理を超えたものである。熱のこもったカープファンの応援風景と重なるものが感じられた。

 世界は今も「強者」の論理に振り回されている。そんな世界に立ち向かう者に夢を与えてくれたのも、カープが戦後の広島を精神的に支えてきたチームだからこそなのだろう。今年こそAクラスを目指せ、広島カープ!

お義父さんとお義母さんにお礼の手紙


お義父さん、お義母さんへ

この度は長い間、お世話になりました。とても楽しい時間を過ごすことができました。義息子を3週間もお世話してくれる両親はなかなかいないと思います。本当に思いやり溢れた家族に恵まれ、私は幸せです。

私は自己主張の強い人間です。だから、お二人には、色々、自分の意見を申し上げ、時にはお二人の信条を傷つける様なこともあり、大変、申し訳なく思っています。

私は、お二人とは全く違った環境で育ちました。

私は、朝鮮戦争直後に生まれたお二人と違い、子どものころ飢えた経験も、飢えた人が身近にいたこともありませんでした。「食べるためにはどうするべきか」「妹や弟の生活を楽にするにはどうすればよいか」と考える必要はありませんでした。家族の「命」を本気で心配したこともありません。食べるものに困らなかった分、「自分は何をしたいのか?」のみ、考えることが許されました。

私は、お義父さんと違い、十代で両親を病気で失うことはありませんでした。4人の弟や妹を養うために、サウジアラビア、イラン、リビアなど生活環境が厳しい場所へ単身で出稼ぎに行く必要もありませんでした。私は、「新しい世界を見てみたい」という好奇心だけでアメリカに行くことができました。

私は、お二人と違い、表現の自由がない、軍事独裁政権下で生きたこともありません。お二人が若い頃、独裁政権の下、韓国の経済は急速に延びました。お義父さんが「色々な意見が乱立すると進むものも進まなくなる。決断力があるリーダーの意見が通りやすい方が良いときもある。韓国の経済は、当時の朴正煕のおかげで良くなった」とおっしゃっていましたね。

スージンが学生時代、人権についての書物を読んだら「そんなものは読むな」とお義父さんが言われたのも、政権を批判したら家族全員が不幸になると考えられたからでしょう。


私は母親から「迷惑を掛け合おう」と育てられました。色々な意見を出し合う事で、その人それぞれの個性が伸びるという考えでした。

だから、ヘジン(義妹、25歳)の扱いについても色々議論しましたね。お二人は、宗教や賃金の差を理由に、ヘジンがカンボジア人男性と二人で食事をするのは良くないと思う。ヘジンが学びたい英語ではなく、学びたくないピアノを学ぶべきだと思う。ヘジンがなりたい幼稚園先生になるためには、それが必要だと思うから。

私は、ヘジンが食事をしたい人と食事をすればいいと思うし、学びたい英語を学べばいいと思う。それが間違った選択だったとしても、その失敗から人は成長するものだと思うから。そして、いつか、ヘジンはお二人なしですべて決断しなければいけない日がやってくるのだとしたら、なおさらです。

私は10歳で、友人と二人で1500キロ以上離れた沖縄を旅行しました。航空券の手配、宿泊所の選定/予約まですべて自分たちでやりました。帰りの寝台列車でお金がなくなり、お昼ご飯を食べるために、テレホンカードを列車内で売歩きました。そしたら、隣の乗客が買ってくれ、なんとか昼ご飯を食べることができたのです。お金を使いすぎたという失敗があったからこそ、自分で人間関係を作って、生き抜くという喜びを、学ぶことができました。

それからアメリカへ行き、英語を学び、様々な国を駆け巡るうち、スージンに出会い、お二人に出会うことができました。自分の数々の失敗があったからこそ、人とのつながりを求める欲求が沸き、お二人に辿り着く事ができたのです。

お二人は、常に、家族に愛情を注いでこられました。私の事も本当の息子の様に可愛がってくれました。
例えば、私が一人で出かけた日、お義母さんから私の携帯電話に不在着信が10分で5回あった時がありましたね。私は、お義父さんが死んだのかと思い、あわてて電話をかけましたが、お義母さんは「今日の昼ご飯、何食べたの?」と聞いてきて、「なんで、そんなことのために5回も電話するんだ」と思いました。

私が嫌がる「針灸医院」に無理矢理連れて行かれることも、「学校が終わったらすぐ帰って来なさい」「昨日はスージンと電話で何を話したんだ?」「子どもはなんで産まないのか?」と聞かれることも、生まれて初めての体験でした。

最初は煩わしいと思うことも多々ありましたが、徐々に、お二人が私を想ってくれるからこその言動だと理解できるようになりました。

妥協して週2回通った鍼灸医院ですが、少し足冷えが治ったように思います。私が一泊二日で旅行に行った帰り、空港まで家族3人で出迎えてもらった時は、心が温まりました。

私の家族なら、間違いなく「誰か、ヨーコーの迎え!」と母親が叫び、家族の一人が行かされることになっていたでしょう。

昨日、1週間の旅から日本の実家へ戻ったのですが、「駅から歩いて来なさい」と言われました。駅から家まで歩いて10分の距離だからだと思いますが、おそらく、お二人なら、駅まで出迎えに来てくれたのではないでしょうか。

 8年前、私が大学院でパソコンを使いすぎて腱鞘炎になり、実家から車で20分かかる整体医院に通った時です。免許がない私を、母親が毎日、送ってくれましたが、母親は「お願いだから早く運転免許とって」と言っていました。

私の両親は常に忙しく、私は生まれて数ヶ月で託児所に預けられました。お義母さんの様な「専業主婦」は家におらず、私に不在着信を5回もしてくれる人はいませんでした。

お二人の、「愛情表現」に対し、たくさん失礼な事を言って、申し訳ありませんでした。自分とは違う考え方に接し、それが大事な人の生育に関わる場合、(この場合はヘジン)、私は自分の意見をその人に伝えなくては気がすまない人間です。

「差し障りのあることを言い合おう」という母親の教えだけでなく、6カ国、計13年間に及ぶ海外生活で、「空気を読む力」だけでは到底理解できない文化/風習と触れ合った経験も大きいと思います。

韓国と日本の関係はぎくしゃくを続けています。ネットなどでは、色々な過激な文言も飛び交っています。こういった発信をする人の中に、一体、どれくらいの数の人が、お互いの言語を話し、私たちの様に信頼関係を作ろうと努力した経験があるのか、疑問に思います。

同じ屋根の下で暮らすために、お互いの宗教や言語を学び、謙虚にお互いの生い立ちに耳を傾け、対話を続ければ、いつかお互いが納得する答えが出る様な気がします。

お二人と過ごした3週間はとても有意義でした。本当にありがとうございました。まだまだ、私の韓国語は不自由です。これからも日々努力し、次はもっとお二人と話し合えるよう、頑張ります。

ようこう


カンボジア家族4人

私がカンボジアを去る時、プノンペン空港で。

アンコールワット

一泊二日で一人で訪れた世界遺産、アンコールワット。プンペンから飛行機で40分。

カンボジア家族

今年1月からカンボジアで新生活を始めた妻家族。食事はもっぱら韓国料理。

「男のロマン」とは何か?


7月27日に帰国してから、東京 → 新潟 → 東京 → 広島 → 大阪 → 滋賀 → 青森 → 函館 → 札幌 → 新潟 → 東京 → 浜松 → 東京 → 新潟 → 大阪 → 名古屋 → 新潟と、日本を横断した。家族との団らん、広島カープの試合観戦、別所哲也さんとのラジオ出演、夫婦で北海道旅行、各地で講演、旧友との再会などを楽しんだ。

すべて新幹線で移動しているため、相当な移動費がかかっていると思われるかもしれないが、全部で8万5000円。日本を短期で訪れる外国人か、外国人と結婚し海外在住している日本人にしか買えない、「JRパス」という割引チケットのおかげ。新幹線を含むほぼすべてのJR線乗り放題で、しかも指定席取り放題。パスの手形を見せると、全国津々浦々の改札口の駅員さんが「はいどうぞ」と通してくれるから、水戸黄門の気分だった。

さて、講演会。昨年1月に帰国した時から始め、これで計8回となった。これまでは難民キャンプの話が中心だったが、今回は初めて「専業主夫」の話を取り入れた。

私が1年半暮らした広島での講演では、参加者の多くが学生で、知り合いも何人かおり、「主夫話」はかなり受けた。東京の講演は、参加費2000円ということもあり、半分以上は知人か、知人の知人だったため、これまでの講演で一番、笑いがあった。

浜松は、知人が一人もおらず、しかも対象が財界の人たちで、初めての環境での講演だった。主催していただいたのは地元の「経済クラブ」という青年会議所の様な組織。私も緊張したのか、広島や東京の様には、笑いが巻き起こらない(汗)。

私が何も教えられない教育を受けて、スカートを履いて保育園に通ったこと。中学時代の教科書が競馬新聞だったこと。妻との対決に負け、専業主夫としてアゼルバイジャンに赴任したこと。ブログのタイトルが「ヒモのプライド」ということ。

なかなか笑いの壷を押さえられず、1時間ほどで話は終わった。そして、質疑応答に入ると、驚いたことに、次から次へと質問が。中には2度立ち上がって質問してくれる人もいた。

「難民キャンプの人たちの結婚観は?」

「キャンプでなぜ格差ができるのか?」

「海外に長く滞在して日本の良いところ、悪いところ」

などなど。

賞賛のコメントもいくつか頂き、ほとんどが、4—5人しかいなかった女性参加者からだった。

「応援しています。日本は、一度辞めると、なかなか復帰できずらいから、主夫をするのが難しい」

「自分の姿を見る思いだった」

「是非、中学や高校でもお話してほしい」

 そんな中、ある男性参加者から、こんな質問があった。

「あなたは今、何をしているのですか?」

私は、講演での話がうまく伝わらなかったのかと思い、改めて「専業主夫です」と答えた。

そしたら、その男性は「男のロマンみたいなのはないのでしょうか?また、難民キャンプに戻って仕事をしたらどうでしょうか?」と言った。

男性の表情は少し強ばった感じ。私は、想定外の質問だったので、少し答えに困った。

「勿論、現場にまた戻りたいとは思っています。でも、今、私が現場に戻ったら夫婦生活ができなくなります。妻がやりたい事、私がやりたい事のバランスを取り、家族にとって何がベストなのか考えたいと思っています。『男のロマン』と『女のロマン』にどんな違いがあるのか私にはよくわかりません。ただ、『人間のロマン』は持ち続けていきたいと思っています」

男性は私と目は合わせず、マイクを司会者に渡していた。

質疑応答後、名刺交換しにやってくる人のほとんどが女性だった。さらに懇親会でも女性参加者は2人だったが、私の席の近くに真っ先に来てくれたのもこの二人だった。一人は「ノートとペンを忘れて、自分の手にメモしていました」とペンで字が綴られた手の甲を見せてくれた。

懇親会後、今回、私の講演会を企画して頂いたNさんの車で送ってもらった。

Nさんは「あの、『男のロマン』について質問した方は、私の先輩です。私を含め、経済クラブのメンバーの多くは、地元で父親の会社を継ぐ二代目です。『男』であるがゆえに、黒岩さんの様に自由に自分の人生を選択することができなかったので、『専業主夫』の概念は理解できないかもしれません」 と説明していただいた。

私は「でも、ああやって、自分の想いを率直に話していただけるのは嬉しいです」と言うと、「はい。おそらく、女性陣が『主夫ばんざい!』みたいな感じだったので、男性側の視点を話したかったのかもしれません」とNさんは話した。

 

私も自営業の父がおり、次男が継ぐことになっているが、もし、私が唯一の子どもだったら、それなりのプレッシャーはあったかもしれない。もしかしたら、この男性の様に「男のロマン」を求める人間になっていたかもしれない。

Nさん自身は、私の本もブログも読み、講演会を企画、宣伝するだけでなく、私を自宅に泊めてくれ、本の宣伝までしていただいた。パソコンの電源コードを忘れたら、すぐ佐川急便で新潟まで送ってくれた。

各地で講演会を準備していただいた皆様、そして話を聴きに来てくれた皆様。本当にありがとうございました。これからも忌憚のない意見交換ができるよう、謙虚に笑顔で自分の体験を発信していきたいと思います。

講演会の様子を見たい方はこちらをクリック

浜松講演P

中日新聞浜松講演

浜松講演手の甲



プロフィール

seventh star 7

Author:seventh star 7
黒岩揺光  
1981年、新潟生まれ。7人兄弟の末っ子。15歳で米国留学して以来、住んだ国は計8カ国に。海外生活計17年。日本では毎日新聞記者、アフリカでは難民キャンプの工場長、アゼルバイジャンで主夫、ジュネーブで国連職員などを歴任。現在は中東ヨルダンで妊娠した妻に寄り添う専業主夫。
 著書に「僕は七輪でみんなをハッピーにしたい」(ユーキャン)「国境に宿る魂」(世織書房)。
メール連絡先 yokuroi×hotmail.com (「×」を「@」にしてください) ツイッター:@YokoKuroiwa

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR