スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国連を目指す若者が増えないのはなぜか

日本政府が邦人数十人を選抜し国連機関に派遣する選考試験の応募者がピークの1000人から、ここ最近は300人前後と推移している。政府は大学などで説明会を開くなど、広報に力を入れるが、なかなか増えない。

一方で、マイナビが今年6月に発表した2016年卒の大学生就職意識調査では、「行きたくない会社」を聞く質問(二つ選択)で、2001年卒と比べ、「休日・休暇がとれない(少ない)会社」は倍近い27・4%に、「残業が多い会社」は4倍近い11・4%に上った。福利厚生を意識する若者が増えている。

私はこの調査結果を見て「おかしい」と感じた。日本の会社と比べ、国連は休日も取れるし、残業も少ない。私は9時半に出勤し、6時には帰宅。妻も6時半には帰宅。休日は、年間30日の有給休暇が取れ、私はその内の18日+土日・祝日を使って、先月、1ヶ月間の休みをもらった。

福利厚生もしっかりしている。年金手当もいい。子供の教育費も22歳まで学費の75%を出してくれる。つまり、大学卒業までの教育費の大部分を出してくれるのである。(詳細はここをクリック

じゃあ、なぜ、これが応募者増につながらないのか?国連が一般の就職先候補として選択肢にあがらないといえば、そうなのかもしれないが、じゃあ、なぜ、国連が就職先として一般化されないのか。

国連で働く日本人の体験記は、様々なサイトや雑誌で発信されている。そこで、よく、「国連で働く魅力は何ですか」という質問がされるのだが、「休みが取れるから」「残業少ないよ」とか福利厚生的な答えを出す人は少ない。他の国連機関で働く知り合いのMさんも毎日午後6-7時には帰宅し、家族との時間を大事にしている。男性だが、1ヶ月の育児休暇もしっかり取った。私と一緒にご飯を食べる時は、「国連で働くと、毎晩夜10時とか11時とかまで働く日本の生活にはもう戻れないですよね」とよく言っている。

しかし、そのMさんも、あるサイトの国連体験記に取材された際、働く魅力を聞かれ、「全職員が同じ使命に向かって働いていること」などと答えている。確かにそれが魅力なら、それでいいのだが、なぜかそこには、本音と建前的なものを感じてしまう。

開発とか人道援助に従事する者が、「休み」とか「残業したくない」とか言ってはけしからんみたいな雰囲気。東京でサラリーマンやっている兄は毎晩残業。私の勤務時間を告げると、「お前が仕事しないことで、死んでしまう難民の数が増えたりはしないのか?」と言われた。そんなこと言われたら、日本で毎年4-5000人交通事故で亡くなる人のために、警察の交通課職員は、四六時中仕事をしなければいけないのか?それによって、その職員の家族関係や友人関係にヒビが入り、交通事故犠牲者が減る代わりに、他の理由で亡くなる人(例えば自殺者)が増えたりはしないだろうか?

確かに、国連職員でも、毎日残業して、休日にも出勤するような人はたくさんいるが、私がこれまで出会った、その様な「ワーカホリック(労働中毒者)」に占める日本人率は極めて高い。

私だって、世界平和のために、情熱や使命感を持った若者たちが国連に来てほしい。でも、その情熱で、彼らの家族や友人と過ごす時間を犠牲にはしてほしくない。それに、そういった情熱や使命感を発揮できる場所は国連だけじゃない。家族のために料理、洗濯するのだって、近所の福祉施設で働くのだって立派な社会貢献である。

私にとっての国連の魅力は多様な価値観が尊重されること。私が勤めるUNHCRは、女性幹部職員が全体の4割を占める。幹部職員には同性愛者も多い。そしてその多様性を支えているのは、様々な「働き方」への尊重であり、その一環に充実した福利厚生、休暇制度がある。だから、休日が多いことや残業が少ないことを、もっともっと胸を張って宣伝したらいいと思う。それこそが多様性の尊重の証なのだから。
スポンサーサイト

妻と出会って10年

妻と出会って10年になった。10年。感慨深い。妻とフェースブック上の共通の友達は163人。私の全友人の3割に当たる。妻と出会う前の私なんて、誰かと2年以上おつき合いしたことすらなかった。15歳の時から、約2年ごとに引っ越ししているから、親友と呼べる親友もいない。私の人生において妻の占める比重が、私の乏しい表現力では手に負えないレベルに達している。

しかし、、。先日、家族がジュネーブを訪れた際、父が「もう、ヨーコーとスージンの関係も終わりが近づいていると思ってね、スージンに最後の挨拶をしようと思っていたところだ」と言う。「なんで?」と尋ねると、「だって、ブログ上では喧嘩ばかりしているから」と言う。

確かに、ブログではそうだ。でも、さすがの私も、ブログで、「今日は妻と手をつないで町を散歩し、私がおならしたら、『おならするなよ!』と怒る妻を、私が抱きしめ、『臭いからはなせ!』と叫ばれました」なんて、いちゃいちゃ話、ブログで書けない。映画と同じで、ブログは劇場型になってしまう。

10年たっても、まだまだわかり合えない部分はある。共働きになってから、私は常々、「料理は当番制にしよう」と妻に言ってきた。しかし、それに妻は反対する。

私の場合、家に帰ってから、韓国語の勉強やブログ執筆などなど、色々やりたいことがある。その時間をしっかり確保したいのだが、毎日毎日、誰が料理するのか、皿洗いするのか、買い物するのか明確でないと、「今日は俺がやらなきゃいけないのかな?今、妻を手伝った方が良いのかな?夜ご飯の材料どうするのかな?」などと考えてしまい、計画的に時間を過ごせない。

一方、妻は、「家でやることは、夫婦和気あいあいとやりたい」と言う。当番制にしたら、「家の中まで、『仕事モード』になって嫌だ」と言うのだ。自発的に、その時々の気分でやればいいと。当番制にしたら、「外食する場合はどうするのか?残業しなければいけないときは?」と逆に、対立が絶えなくなるのではと主張する。

 結局、私たちは当番制にせずにいた。そしたら2週間前、妻が帰宅時に、「フェルネーのスーパーまで迎えに来て」と言う。私はこの日、家近くのホテルで研修だったため、先に家に帰り、妻はバスで帰宅するという予定だった。本来なら家から2分ほどの停留所まで迎えにいけばいいのだが、フェルネーは車で約10分。

言われた時間に迎えにいったら、まだ買い物は終わっておらず、15分ほど待たなければならなかった。さらに、帰り道は渋滞。結局1時間近く、消費してしまった。買い物の内容を見ても、その日に買わなければいけないものはエビとトマトだけ。後はティッシュとか洗剤とか週末に買えばいいものばかり。

私は「エビとトマトだけだったら、会社の裏のスーパーで買って、バスで家の近くのバス停まで来れたじゃん」と文句を言い、「当番制にすれば、もうこういう問題は起きない」と改めて主張。「今日がスージンの当番なら、エビもトマトも事前に買っておける。どちらも当番じゃないから、『2人の食事ために買い物をする私をあなたが迎えにくるのは当たり前』という発想になり、非効率極まりない」と。

1時間以上の討論の末、妻が折れ、当番制が開始された。

 10年たっても、まだまだわかり合えない部分がある。

IMG_4233.jpg


でもね、お父さん。離婚するくらい深刻な対立だったら、ブログになんて書けないよ。これだけおおっぴらにできるというのは、ちょっとやそっとのことではブレない強固な何かで私たちが結ばれているという証なのです。

週末は10年記念でパリに行ってきます。

恐るべし韓国野球

4週間の休暇を取って、韓国と日本で過ごした。野球好きな私は、4週間で4回、プロ野球を観に行った。2回は韓国で、2回は日本で。

日本のプロ野球を観に行くたび、いつもジレンマに悩まされる。好きな選手を大きな声で応援したいが、その選手の近くでも見たい。でも、両方はできない。応援団が外野席にあるためで、内野席は基本、静かに応援する。東京ドームとかだと、内野席で立ち上がったりすると、係員から怒られてしまう。

高いお金を払う内野席のお客が静かに見れるように配慮されているのだろうな、と納得していたが、先日、韓国のプロ野球を初めて観に行き、日本の様な熱狂的な応援団が内野席、しかも選手のベンチ裏を陣取っているのを見て、驚いた。韓国人の友人は、「一生懸命応援する人ができるだけ選手の近くで観戦できるのは当然のこと」と言う。

韓国では地下鉄内で携帯電話通話ができたりと、日本とは「騒音」の定義が少し異なる。10年ほど前、タイで高速バスに乗った時、運転手と添乗員が「わっはっはは」と大きな笑い声を出していた。「勤務中のくせに、お客の迷惑だろ」と私は不機嫌になった。しかし、その笑い声が、10分、20分、30分とずっと続くうち、「自分が、こんなに長い間笑い続けたことってあっただろうか?」と逆に、羨ましさと楽しさが交互するようになっていった。

やかましいファンが選手の近くにいられるだけでなく、韓国野球では、日本では見られない光景がいくつかあった。試合中に投手が投球練習をする最中、外野の選手が、中学生くらいのボールボーイとキャッチボールをしていた。その外野手は、将来メジャーに行くかもしれないほどのスター選手らしく、私が中学時代、外野にいるイチロー選手とキャッチボールをする光景を想像し、勝手に興奮してしまった。ちなみに、日本の場合、選手がベンチから出てきて、外野手とキャッチボールをする。

5回終了時のグランド整備中には、両チームの選手が全員グランドへ出てストレッチを一緒にする。試合中に、敵対するチームの主力選手同士が雑談をする姿は、とても新鮮だった。そして、試合後は、負けたチームも、勝ったチームも両方がベンチ前に出て、ファンに一礼。日本は、ホームチームが勝った場合のみ、挨拶をする。

野球一つとっても、異なる点が多い日本と韓国。違いばかりを強調するのではなく、学び合える部分は学び合って、スポーツ交流を計っていってほしい。野球が国民的スポーツの国というのは、世界的にみたら、とても珍しいことなのだから。
ちなみに、日本で見た2試合は、もちろん、カープ戦だったが、なんと、2試合のカープの合計得点が0点!!!(9月23日と24日)。
プロフィール

seventh star 7

Author:seventh star 7
黒岩揺光  
1981年、新潟生まれ。7人兄弟の末っ子。15歳で米国留学して以来、住んだ国は計8カ国に。海外生活計17年。日本では毎日新聞記者、アフリカでは難民キャンプの工場長、アゼルバイジャンで主夫、ジュネーブで国連職員などを歴任。現在は中東ヨルダンで妊娠した妻に寄り添う専業主夫。
 著書に「僕は七輪でみんなをハッピーにしたい」(ユーキャン)「国境に宿る魂」(世織書房)。
メール連絡先 yokuroi×hotmail.com (「×」を「@」にしてください) ツイッター:@YokoKuroiwa

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。