スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妊娠時は夫婦仲が良くなる時間

昔の人気ドラマ「101回目のプロポーズ」でヒロインが妊娠したと勘違いした男性主人公が出産費用を稼ぐために、ヒロインに内緒で昼夜働き続けたシーンを見てかっこいいと思った。他にも、男性が仕事中に妻の出産報告を受けて泣くシーンを何度か映画やドラマで見て、妻が子どもを授かった時こそ、男性は一生懸命働くことがかっこいいと思っていた。
   
でも、今は違う。妊娠中の妻と時間を過ごすことは、夫婦関係をさらに強固にする絶好の機会だと思う。

今日はヨルダンで初めての検診。もちろん、私も付き添う。ヨルダン人の女性産婦人科医に会い、16週目に入った赤ちゃんをエコーで見た。赤ちゃんが腕を動かすのを見て、私は胸が熱くなり、自然とスージンの左肩をさすっていた。流暢な英語を話す50代の医師は「とても活発な子ですよ!」と言い、もう私は嬉しくて嬉しくて、この子を24時間身ごもってくれるスージンに感謝の気持ちで一杯になった。

その後、二人で病院近くで昼ごはんを食べ、スージンは事務所に戻り、私は、スーパーに立ち寄って、先日買い忘れた石鹸、次の日の夕食用に魚、スージンのためのオレンジ・りんごなどを買った。家に着くと、鶏肉のミンチを醤油・ミリン・砂糖で漬け、晩御飯のビビンバの下ごしらえ。それから近くのジムで汗を流し、午後5時半ごろ帰宅すると、ユーチューブでプロ野球のハイライトを見ながら、眠気に襲われた。

次の瞬間、「ブーブー」と玄関のブザーの音で目覚めた。玄関に行き「スージン!」と確認しようとするが、返事がない。仕方なくドアを開けると、そこには、鋭い目線を私に向けるスージンが突っ立っていた。

「何をしていたの?私、ここで30分も待っていたのよ。ブザー200回くらい押したのよ!近所の人まで出てきてくれたりして」

私は事態が飲み込めなかった。スージンのリュックサックが開いたまま床に置かれているのを見ると、確かに、そこに長い間座っていたことが想像できた。

私は「え?鍵はどうしたの?」とたずねても、スージンは「あなたが何をやっていたのか聞いているの?」と怒りの絶頂に達している。

「ユーチューブ見ていただけだけど、、」と私は返事をするのがやっと。「家の鍵はどうしたの?」と私が再び尋ねるとスージンは「今日、いつもと違う鞄で出勤したから、、、」とだけ言い、そのままそくそくと寝室に入っていった。

要するに、スージンは鍵を忘れたまま出勤し、帰ってきたとき、たまたま私が昼寝をし、ユーチューブの音で玄関ブザーがかき消されてしまったということか、、。うーーん。確かに、30分家に入れなかったのは辛かっただろうけど、私が謝る話ではないような気もする。私が買い物とかジムとかに出かけている可能性はあるわけで、たまたま私が家にいたことが不幸中の幸いでもわるわけだ。

私は自分の携帯電話を確認したが、不在着信はなし。とりあえず、ビビンバの準備に取りかかった。

料理を終え、寝室のドアを開け、「スージン、ご飯食べないの?」と話しかけると、布団にくるまったまま「うん」と小さな返事。台所へやって来たスージンに「電話はかけられなかったの?」と尋ねると、「充電切れ」と言う。

鍵を忘れたのもスージンなら、携帯の充電をしなかったのもスージン。私が責められる理由は全く見当たらない。

しかし、ここで自分の正当性を主張したら、必ず喧嘩になる。喧嘩になれば、スージンは精神不安になり、それはそのままお腹の子の状態に影響するのだ。それだけは絶対に避けなければならない。何が何でも、この子の安全を確保しなければならない。

スージンは食卓に座るなり、「何、これ?」と私が焼いた目玉焼きを指した。「これあなたが食べて。私、別の作るから」とふてくされた表情で電気コンロに向かった。

あー、ムカつく!こっちが一生懸命やって準備した料理に文句つけやがって。でも、抑えろー。スージンには子どもがいる。

ご飯を食べながら、別の話題で雰囲気を変えようと思い、「今日は事務所から家までタクシーでどれくらいかかった?」と私が尋ねる。スージンは「今、あなたと話すと私が怒るだけだから、話しかけないで」と言う。私は「なぜ怒るの?」と言うと、スージンは立ち上がり、食器を持って、テーブルの端に行き、パソコンを見ながら一人で食べ始めた。

「なぜ怒るの?」と言ったらだめなんだ。それは喧嘩腰なんだ。自分にたまった怒りを沈め、優しく声かけしてあげなければいけない。

ビビンバを食べ終え、皿洗いをした後、私はオレンジを切り、スージンに持っていった。「スーーージーーーンちゃん。オレンジた・べ・る?」と甘えたっぷりの声で肩をさすりながらアプローチ。

「食べない。触らないで」と言いながらも、スージンの表情が若干緩む。

「スージンちゃん、辛かったね。一人で部屋の前で待たなければいけなくて。寒かったでしょ?」

スージンは「この子も怒っていると思うよ」

私は「私が何かいけないことしたのかなー?」

スージン「ドアを何回もノックして、何回もブザー鳴らしても、ドアを開けてもらえなかったら、誰だって怒るでしょ?」

私「でも、それは、スージンが鍵を忘れたということを知らなかったんだから仕方ないでしょ。私が謝ればスージンの気がおさまるの?」

スージン「そう言われるとわかっていたから、あなたと話したくなかったの!」

私「一生懸命、夕食の準備やったのだからさー。そんな怒らないでしょねー」と、できる限りのかわいい声で話しかけていくうち、スージンの表情は和らいでいった。

そしたら、スージンがようやく重い口を開けた。「乗ったタクシーの運転手がとても乱暴な運転をする上に、私にセクハラみたいな事言ってきて、途中で降りたの。それで余計疲れて、アパートに着いたら、ドアも開けられなくて、、、」。ヨルダンのタクシーは300円で市内どこでも行けるくらい安いため、スージンはタクシー通勤している。しかし、運転手がタバコ吸ったり、携帯通話しながら運転するなんて日常茶飯事で、その上、東南アジアからメイドとして出稼ぎにくる女性が多いためか、アジア人女性に対する偏見もある。私は心配になり、「長期レンタカーでもして、私が毎日送り迎えしようかな?スージンが交通事故にでもあって、後で後悔したくないし」と提案。スージンは「今日が運が悪かっただけだと思う、、」と言った。

そんな優しさに溢れたトークをするうち、10分後には、私がソファでスージンの腰をマッサージしてあげるほどまでに関係は修復した。

スージンが妊娠する前だったら、間違いなく、「鍵を忘れたお前が悪い!携帯を充電しなかったお前が悪い!お前に怒る権利はない!」と論理武装していたに違いない。スージンが黙るまで、私は攻撃の手を緩めなかっただろう。自分の正当性を主張することに頭が一杯だったはず。

でも、今は自分の正当性とか論理とかどうでもいい。もっと大事なものが二人の間にあるのだ。子どもはお腹の中で見えないから、余計心配になり、二人で協力しなければという雰囲気が生まれる。少しずつだが、私も相手の立場で物事を考えられるようになっていく。妊娠している時間というのは、夫婦にとって大事な時間なのだ。
スポンサーサイト

どんな子を産みたいか?

心拍確認した最初の検診時は、私は日本にいたため、付き添うことができず、妻からブーブー言われ続けてきた。2月末、産婦人科で妻の2回目の検診に付き添った。担当医は白髪が混じった50代の男性医師。

医師は「経過は順調です。今回の検査で胎児がダウン症になる可能性がどれくらいかわかると思います。ただ、この検査では100パーセントの正確性は保たれないので、もし、確実に知りたいのでしたら、別の検査もありますよ。費用は15万円くらいです」と言う。

ダウン症かどうか妊娠時に知りえることさえ知らなかった私は、最初、へーーとくらいしか思っていなかった。

ただ数分経過するにつれ、その医師の忠告に違和感を覚え始めた。この医師は、私たちがダウン症を患う可能性について「知りたい」という前提で話している。そして、私たちが「知りたい」と考えうる理由は一つしかない。

医師が妻に食べてはいけないものや、次回の検診の日時について説明し、さあ、そろそろ終わりにしようかという雰囲気が漂ったとき、私は質問した。

「ダウン症の可能性が高いとわかった夫婦のどれくらいが中絶するのですか?」

医師は一呼吸を置いてから、答えた。「夫婦によって考えはまちまちです。倫理観から検査をしないという人もいます。ただ、私が診てきた夫婦の大部分は中絶します」

なるほどー。「ダウン症の可能性について知りたいですか?」と私たちに聞かなかったことは、これで説明がつく。しかし、今度は、別の、もっと深刻な違和感に襲われた。

極端な見方をすれば、大多数の胎児が、特定の「資質」を理由に生存権を奪われているということだ。人種や民族、宗教などを理由に差別されない社会を目指すとかいいながら、「違い」に向き合えない人間の本質が見え隠れする。スイス特有のことかと思ったが、日本も似た傾向にあるらしい。ある米大統領候補による「イスラムの人の入国を制限する」という差別発言が、雨上がり時に車の窓ガラスに残る水滴レベルのささいなものに感じられた。

数日後、妻は私に検査結果を伝えた。「750分の1だって。私の年齢だと特に問題はないらしいのだけど、1000分の1以上の場合、念のため、もう一度検査した方が良いと言われたの。検査をするかしないかは私たちの自由だから、しなくてもいいとは言われたのだけど、一応、来週月曜日にアポとっておいた。ダウン症かどうかとか判断したくはないけど、私も子育てできるか自信があるかと聞かれると、何とも言えないし、、」

私はこみ上げてくる感情を必死に抑えながら、妻に語りかけた。「一緒に俺たちの子の心拍の音聞いたよね。8人に1人が妊娠初期に流産するというデータもある。つまり、今の時期がこの子にとって人生で一番危険な時期だ。死と隣合わせの日々を必死に生きようとしている。俺には、どうしても、この子を私が自らの手で殺すことが想像できないんだ。もし、ここで、子に注ぐ愛情に条件をつけてしまったら、次に生まれてくる子も愛せるかどうか自信がないよ。ダウン症の子の子育てをしたことないから、ただの綺麗事を言っているだけかもしれない。想像を絶する大変さかもしれない。でも、どんなに大変でも、育児ノイローゼになったとしても、最後の最後の瞬間まで子を愛し続けたことができたのなら、私たちの人生に胸を張ることはできるんじゃないかな」

妻は黙って私の目を見ていた。数秒後、「わかった。じゃあ、検査はなしね」と言った。

ダウン症とわかって中絶した人の体験とかをネットで見ることができるが、「自信がない」「幸せになれない・できない」「苦労したくない」という理由が多い。子育ては苦労するものだし、幸せというのは、与えられるものではなく、勝ち取るものだと思う。子育てより仕事を優先して、幼少時にまともに時間をすごさず、子どもと良い関係を作れなければ、それはダウン症を悪化させる要因にもなりうる。私たちの努力でどうにもならない部分は多々あるだろうし、ダウン症の子を持つ親の方たちは気分を悪くされるかもしれないけど、私は子どもからの愛を勝ち取れるよう努力したい。

妻が妊娠。ヨルダン赴任。そして私は、、、、

重大ニュースが二つあります。いや、三つか。

まず、妻が妊娠しました。

次に、3月20日から妻が中東ヨルダンに赴任決定。

最後に、私は3月1日に、国連での仕事を終え、妻と一緒にヨルダンに行きます。

私たちの新たな家族は現在、身長7センチ。

最初は父親になるという実感なかったけど、先日、産婦人科でこの子の心拍の音を聞いた。そのころはまだ妊娠初期で、流産の可能性が一番高い時期。言い換えれば、この子の人生で一番重要な時期でもある。その音を聞きながら、「ガンバレー!私たちがついているよー!」と語りかけ、こんなに心の奥底から誰かに言葉をかけたのはいつ以来だろうと考えた。

妻の疲労・ストレスが流産の可能性を高めるらしいので、それまで分担していた家事・運転をすべて私が引き受けた。妊娠後、妻は臭いに敏感で、揚げ物とかしていると台所に入れないことすらある。腰あたりの筋肉もこるから、寝る前にマッサージ。

今後、ストレスになりうることは多々ある。通常の仕事をこなしながら、ヨルダンへの異動準備。車や家具の売却。そして、新天地での家探し。病院探し。

これらを妊娠した妻一人にやらせることは到底考えられることではなく、私は、妻の妊娠がわかった時点で、自分がヨルダン以外の場所へ行くということはちょっと想像できなかった。

ヨルダンなら国際機関もたくさんあるし、行ってから何かしら就職口があるだろうし、なかったらなかったで、またアゼルバイジャンの時みたいに、主夫をやればいい。国連の育児休暇は4ヶ月のみ。共働き家庭はベビーシッターさんを雇うのが一般的。一番大事な人の大事な時期を他人に任せるのは嫌だ。

夫婦片方の給料で経済的に安定するなら、もう片方は子どもとの時間を大切にすべき。主夫時代に主張していたことを有言実行に移すときがきた。
プロフィール

seventh star 7

Author:seventh star 7
黒岩揺光  
1981年、新潟生まれ。7人兄弟の末っ子。15歳で米国留学して以来、住んだ国は計8カ国に。海外生活計17年。日本では毎日新聞記者、アフリカでは難民キャンプの工場長、アゼルバイジャンで主夫、ジュネーブで国連職員などを歴任。現在は中東ヨルダンで妊娠した妻に寄り添う専業主夫。
 著書に「僕は七輪でみんなをハッピーにしたい」(ユーキャン)「国境に宿る魂」(世織書房)。
メール連絡先 yokuroi×hotmail.com (「×」を「@」にしてください) ツイッター:@YokoKuroiwa

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。