鈍感力が問われるとき

ウェムちゃん、

お父さんの寿司子屋の活動が、朝日新聞という日本で2番目に大きい新聞で取り上げられたよ。(記事を読みたい方はここをクリック)

寿司子屋教室も明日で4回目。すでに5カ国18人が太巻き作りを学んでいったよ。

寿司教室だけじゃなくて、寿司仕出しサービスも始めた。前日に注文をとって、朝家で作った寿司を、昼間に国連事務所とかに配達しているんだ。メニューは色々あって、ベジタリアン用に、アボガド、ニンジン、キュウリ巻き。スモークサーモン巻き。カニカマ。海老の天ぷらとカニカマを混ぜたのは「YOKOスペシャル」。新しいメニュー開発にも取り組んでいて、マグロとサーモンの刺身を裏まきの上に乗せる、レインボーロールとかね。

13329355_10154029414151999_2014986747676862472_o.jpg

仕出しはこれまで計7回、約60人分の寿司を配達したけど、何人かリピーターが出てきているから心強いね。

もし、寿司子屋プロジェクトがうまくいったら、難民でもいいし、ヨルダン人でもいいけど、このビジネスモデルを、誰かに引き継いで、ヨルダンを去りたいと思うね。寿司を使った職業訓練みたいな感じかな。これこそ日本にしかできない独自支援だよね。

こういう新しいこと始める時、大事なのは「鈍感力」だ。お父さんの名前は「揺光」だけど、「鈍太」(どんた)という名前も候補に挙がっていたんだ。お父さんのお母さんが、周りの雑音に対して鈍く太く、自分の信念を貫く人間になってほしいという願いで。

新しいことを始めようとするとき、必ず、家族や友人の中から「いや、それは○○だから、しないほうがいいんじゃないか」という人が出てくる。場合によっては9割以上の人が、そういうことを言ってくるかもしれない。

今回も、「食中毒になったらどうするのだ?」とか「あなたは本当の寿司職人ではないでしょ」とか「詐欺じゃないか」とか、色々言ってくる人がいる。しかも、なぜか、こういうことを言ってくるのはほとんどが日本人だ。外国人の方の多くは「面白いね!」とか「うまくいくんじゃない!」とかが多い。なぜ、国籍でこうまで違うのかわからないけど、いい意味でも悪い意味でも、日本の方たちは慎重で、おせっかいだね。

こういうときは、「いや、あなたは間違っている!」とか反論するんじゃなくて、「お気遣いいただきありがとうございます」とだけ言えばいい。向こうも悪気があって言ってきているわけじゃないからね。

もちろん、私が作る寿司でお客さんが食中毒になる可能性はゼロじゃない。それは、私が道路を横断して交通事故に絶対あわないと言えないのと同じだ。でも、これまで数年間、私が家で料理したもので、お母さんが病気になったことはない。こちらでは一般のレストランで食べてもお腹をこわすことはある。でも、それでレストランを訴えようなんて人は見たことがない。

ウェムちゃんには、自分がやりたいと思ったことは、素直にやる人間になってほしい。お父さんのお義母さん(妻の母)なんて、「仕出し業なんて、(国連とか新聞社で働いた)ヨウコウの資質に合わない」と言ったそうだ。自分が大学院で何を勉強したとか、どの会社で働いたとか関係ない。ウェムちゃんは、やりたいと思ったことをとことんやってくれ。それでもし失敗したとしても、自分で決めてやったことで失敗した後悔と、周りの空気を読んでやった失敗の後悔とじゃ、同じ後悔でも、その度合いも種類も全然違う。自分で決めてやったことなら、よりスッと自分の体の中で消化できると思うけど、後者の後悔は他人に責任転嫁したい衝動にかられるかもしれない。

「ウェム」は胎名で、まだ本当の名前を決めてないのだけど、「鈍太」っていう名前はどうかな笑。
スポンサーサイト
プロフィール

seventh star 7

Author:seventh star 7
黒岩揺光  
1981年、新潟生まれ。7人兄弟の末っ子。15歳で米国留学して以来、住んだ国は計8カ国に。海外生活計17年。日本では毎日新聞記者、アフリカでは難民キャンプの工場長、アゼルバイジャンで主夫、ジュネーブで国連職員などを歴任。現在は中東ヨルダンで妊娠した妻に寄り添う専業主夫。
 著書に「僕は七輪でみんなをハッピーにしたい」(ユーキャン)「国境に宿る魂」(世織書房)。
メール連絡先 yokuroi×hotmail.com (「×」を「@」にしてください) ツイッター:@YokoKuroiwa

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR