スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お父さんブロガーになる

ウェムちゃん、

お父さん、ハフィントンポストっていうインターネット新聞のブロガーになったぞ。

新聞記者時代にお世話になった先輩が、このネット新聞に転職され、声をかけてもらった。

フェースブックやツイッターでは約20万人のフォロワーがいる新聞だから、これまでやってきた個人のブログとは読者数の桁が違う。数百人のブロガーを抱えていて、政治家や大学教授、会社経営者などが、色々なテーマで投稿している。

面白いブログなら、数十人、数百人がシェアしてくれることもある。逆に、面白くなければ、「読む価値がない」とか「意味がわからない」とか、容赦なく批判される。書き手からしてみれば、忌憚ない読者の意見が聞ける貴重な機会だ。大部分の読者が知り合いで占められる個人ブログとは、全く別の緊張感がある。

そこで、お父さんは早速、二つの記事を投稿してみた。

一つ目は、国連職員と東京都知事の間にある意外な共通点について。読みたい方はここをクリック

二つ目は、男性育児休暇議論が盛り上がらない意外な理由について。読みたい方はここをクリック

結果、一つ目の記事は、フェースブックで231人がライクをし、54人がシェア、32人がリツイート。さらに、8万7000人のフォロワーを抱える、LINEっていう大きな会社の幹部さんが、リツイートしたのに、13人がリツイート。

二つ目は、64人がライク、12人がシェア。16人がリツイート。いずれにせよ、個人ブログではありえないレベルの反響で、しっかりした媒体で書くと、やっぱり違うな。

個人的には、二つ目の記事の方が好きなんだけど、読者の関心をより引いたのは一つ目の記事だった。都知事問題は旬のネタだったし、国連職員の話があまり表に出ないというのもあっただろうね。

二つ目の記事は、「主夫」とか「男性の育児休暇」っていうのは、ある程度恵まれた環境でないと実現できないから、共感が得にくいのかもしれない。共働きでないと経済的に成り立たない家庭にとっては、主夫なんて贅沢そのもの。男性の育児休暇も、それなりの大きな会社じゃないとできないだろうなーというイメージかもしれないな。

コメントもたくさんあったけど、辛らつなのは見当たらなかった。一安心、、、。お父さん、これからもブロガーとして頑張るよ!

スポンサーサイト
プロフィール

seventh star 7

Author:seventh star 7
黒岩揺光  
1981年、新潟生まれ。7人兄弟の末っ子。15歳で米国留学して以来、住んだ国は計8カ国に。海外生活計17年。日本では毎日新聞記者、アフリカでは難民キャンプの工場長、アゼルバイジャンで主夫、ジュネーブで国連職員などを歴任。現在は中東ヨルダンで妊娠した妻に寄り添う専業主夫。
 著書に「僕は七輪でみんなをハッピーにしたい」(ユーキャン)「国境に宿る魂」(世織書房)。
メール連絡先 yokuroi×hotmail.com (「×」を「@」にしてください) ツイッター:@YokoKuroiwa

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。