援助機関を二股する難民

「工場Bの新しい主任になったアデン(仮名)が、別の援助機関にも在籍しているらしい」。ある人物から報告を受けたのは先月下旬のことだった。私は早速、その援助機関の事務所に出向き、アデンの写真を見せ、彼がその援助機関が運営する小学校の副校長だったことが判明した。アデンへの解雇通知をモウリドに手渡したら、何と、アデンの方から退職願いを提出してきたという。私が、その援助機関に出向いたことが、すでにアデンの耳に入っていたのだ。

難民従業員による援助機関の二股行為は、ダダーブでは横行している。25以上の援助機関が、人事データベースを共有するのは不可能だし、お金を少しでも多く稼ぎたい難民の事情もある。しかし、一番の原因は、援助機関が難民従業員をいわば「使い捨て」のように扱っているため、二股できる余地を与えてしまっていることだ。各援助機関が、毎日、従業員の出欠や勤務態度をチェックすれば、小学校の副校長が、他の工場の主任を兼務するなど、不可能だろう。

難民の友人たちからの話を聞くと、いかに、彼らが野放し状態で働かされているかがわかる。

「出勤簿がない」

「出勤簿はあるが、毎月一度チェックされるだけなので、その時に、すべて適当に記入する」

「月に一度レポートを出せば、それでいい。日々の行動はチェックはされない」

「あるプロジェクトが終われば、数週間、何もすることがなくなる」

原則、難民従業員は、朝8時から午後5時までの就業時間になっているが、午後1時以降に、働く人を見た事がない。「人材育成」の視点が、完璧に欠如している。
アデンは、昇格したファラに代わって、7月1日から主任になった。昨年、一度、アデンに通訳をお願いしたことがあり、その時の礼儀正しい振る舞いや、面接での適格な受け答えを見て、主任に任命したのだが、見事に裏切られた。

モウリドに退職願を渡す時、アデンは、謝るどころか「一体、誰が、密告したのか?」と不思議がっていたという。

このアデンの一言は、援助機関と難民の間に溝があることの証左でもある。アデンが二股をかけていることを、キャンプから数キロ離れた国連敷地内に住む私が直接知る事は難しい。しかし、難民キャンプでアデンと一緒に暮らす同胞たちは別だ。横のつながりが強い難民キャンプで、小学校の副校長が、別の工場で主任をしていることが、知れ渡らないわけがない。それでも、アデンが二股をかけたのは、「同胞が、『外部者』に密告することはない」という暗黙の了解があるからだろう。

今年2月には、閉鎖された工場Aの元主任ラホの遅刻を密告してきた従業員がいたが、今回の密告とは、質が違う。ラホの場合は、彼女の強権体制に不満を抱いていた者たちによる密告で、明確な利害関係があった。しかし、今回の密告者は、アデンが解雇されたからといって、その人物が主任になれるわけでもないし、アデンの主任としての仕事ぶりに不満を抱く者は誰もいなかった。

じゃあ、なぜ、私に密告したのか?その人物が密告したことがバレれば、即刻、キャンプで村八分される。そんな危険を犯してまで、なぜ?

その人物は、私に伝えた。

「長い目でみたら、ライフラインの組織にとってよくないじゃないですか。アデンが、別の組織で働けば、それだけ、しわ寄せは別の従業員にいく。他の従業員の模範であるはずの主任が別の機関で働く様なことは、組織全体に悪影響を与えると思いました。そして、組織に悪影響を与えることは、社会全体に悪影響を与えることでもあります」


 私は従業員を諭す時、「これは、あなた個人に対する非難ではなく、組織、いやソマリア社会にとって有益だと思うから言うのです」と言ってきた。

私の想いが、少しずつだが、従業員たちに浸透している。こちらに伝える意思さえあれば、どれだけ大きな溝が私と彼らの間にあろうと、伝わるのだ。裏切られるばかりじゃないことがわかり、少し勇気づけられた。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

とほほ

ホッとできる時間は永遠にやってこないような・・・・・・・
みんな、ずるがしこく生きてますね、
フェアーではないですね。
まっとうに働きたかったら、そのキャンプから、出るべきです、難民から抜け出す必要がありますね。

どれだけ支援をしても、多分、永遠に変わらないですね。

難しい問題なんですね。
画期的に大きく変化をもたらせる管理体制って、できないんですかね????
プロフィール

seventh star 7

Author:seventh star 7
黒岩揺光  
1981年、新潟生まれ。7人兄弟の末っ子。15歳で米国留学して以来、住んだ国は計8カ国に。海外生活計17年。日本では毎日新聞記者、アフリカでは難民キャンプの工場長、アゼルバイジャンで主夫、ジュネーブで国連職員などを歴任。現在は中東ヨルダンで妊娠した妻に寄り添う専業主夫。
 著書に「僕は七輪でみんなをハッピーにしたい」(ユーキャン)「国境に宿る魂」(世織書房)。
メール連絡先 yokuroi×hotmail.com (「×」を「@」にしてください) ツイッター:@YokoKuroiwa

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR