結局、私も「難民」に対して無知だった

2日前、突然、眼鏡のレンズが縁から外れ、大ピンチに陥った。予備の眼鏡もない。眼鏡がなければ仕事にならない。あーーあ!

ダダーブに眼鏡を治せる店があるとは思えない。仕方ないから、キャンプに行く時に付ける、度が入ったサングラスで辛抱することに。ただでさえ、髭が伸びて人相が悪いのに、サングラスかけながら、事務所で仕事していたら、単なるヤクザにしか見えない。夜なんて、通りすがりの人から、怪しい目で見られる。

国連で働く友人らに「眼鏡が壊れたのだけど」と尋ねても、「ナイロビに行くしかない」という返答ばかり。

そして、今日、サングラスかけながら仕事をする私を見てファラが「どうしたのですか?目が悪いのですか?」と尋ねてきた。事情を説明すると、「え?キャンプで治せますよ」と言うではないか!工場の従業員に手渡したら、なんと、5分で市場の時計屋で治して戻ってきた。修理費は50シリング(50円)。

モウリドに、「ダダーブに数年いる国連の友人に尋ねても、ここで眼鏡が治せるとは思っていなかった」と伝えると、開いた口が塞がらないようだった。

2年半もダダーブにいるのに、いまだに、難民キャンプでどんなサービスが受けられるのか、把握できていない自分に腹が立った。実は、2年前にも一度、サッカーをしている時、ボールが顔面に当たって、眼鏡を壊した事があった。その時も、誰1人として、「キャンプで治せる」と教えてくれる同僚はいなかった。

治安悪化で、自由にキャンプ内を移動することができないことなんて、言い訳にはできない。ダダーブは、人口50万人弱の大都市だ。住民のニーズを満たすため、様々な商売が繰り広げられている。何十台、何百台のタクシー車両、それを修理する車両工場、送金業者やインタネットカフェなどが並ぶ大市場に、眼鏡を治せる職人がいることくらい、なぜ、想像できなかっただろう?
おそらく、自分の頭の中に植え付けられている「難民」=「弱者」というイメージが、想像力を麻痺させてしまったのかもしれない。

人材育成や開発支援をする時、そこに住む人の能力がどれほどのものなのか、わからなければ、効果的な支援は難しい。例えば、昨年の飢饉で、学校机3万台が、ある先進国の政府系機関から寄贈されたが、実際、ダダーブには、机を作れる職人は、100人以上いる。そういった支援は、職人たちの仕事を奪うだけでなく、「職人になりたい」と思う子供たちの希望さえも継ぐんでしまう可能性がある。

と、かっこよく批判ばかりしている私も、結局は、眼鏡をナイロビで修理しようと思っていたわけだから、同罪だ。難民キャンプと国連敷地の距離は、近いキャンプで5キロ、遠いキャンプで20キロ。しかし、心理的距離は、その数倍、数十倍にも思えた。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

seventh star 7

Author:seventh star 7
黒岩揺光  
1981年、新潟生まれ。7人兄弟の末っ子。15歳で米国留学して以来、住んだ国は計8カ国に。海外生活計17年。日本では毎日新聞記者、アフリカでは難民キャンプの工場長、アゼルバイジャンで主夫、ジュネーブで国連職員などを歴任。現在は中東ヨルダンで妊娠した妻に寄り添う専業主夫。
 著書に「僕は七輪でみんなをハッピーにしたい」(ユーキャン)「国境に宿る魂」(世織書房)。
メール連絡先 yokuroi×hotmail.com (「×」を「@」にしてください) ツイッター:@YokoKuroiwa

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR