腹心の失踪 (その7)

ファラの失踪事件は、ライフライン本部にとっても寝耳に水で、当然のことながら、私に説明責任を求めてきた。

これまで、私と本部との関係は、それなりに良好を保っていた。今年5月、私はライフラインとの1年の雇用契約が切れ、2年目の契約更新時に、それまでの成果が認めてもらえたのか、給料を15パーセント上げてもらった。さらに、今年2月には、何の前触れもなく、代表理事から「バヒド(副代表)は滅多に人を褒めないけど、君の仕事ぶりにはとても感心している。私からも感謝の気持ちを述べたい」などと感謝メールが届いた。(無論、ウガンダやハイチの同僚にも送っている可能性はあるが、、、)。世界食料計画との新しいプロジェクトにも着手し、ケニアのプログラムは、すべてがうまくいっているかに見えていた矢先の出来事だった。

アメリカのワシントンDCの代表理事から電話をもらい、「休暇はどうだった?」などの社交辞令的挨拶を軽く済ませた後、本題に入った。

代表:今回の件で、どうしても理解できない事がある。なぜ、あれだけの大金を現地の従業員に手渡すようなことをしたのだ?私は、アフリカに何年も関わっているが、アフリカでそんな大金を渡したら、どうなるかくらい、簡単に想像がつく。

私:すいませんでした。ファラを信頼して渡した結果、こうなった以上、私に人を見る目がなかったとしか言いようがありません。しかし、私が長期休暇に出る場合、ライフラインの活動資金を誰かに渡さなければならないという状況は、常に出てきます。外国人スタッフは私だけですから、現地スタッフに渡さずには、プロジェクト運営はできなかった事情もあります。

代表:君が休暇に入る前に、払えるものは払っておき、君が休暇から帰ってくるまでに、支払いを待ってもらえるところは待ってもらうようにしたら、そこまでの金額を渡す必要はなかったのではないのか?

私:、、、。その通りです。確かに、そうすることで、リスクを軽減することはできました。しかし、今年1月に4週間休暇に行った際も、モウリドに同じくらいの額を渡していました。本部の了承済みだと思っていました。

代表:それなら、なぜ、今回、モウリドに渡さなかったのだ。

私:最近の治安悪化で、モウリドは大金を預かるのを躊躇しました。ファラは、預けられる店があるというので、3人で話し合った結果、ファラに渡す事になりました。

代表:モウリドに賛成だね。それだけのお金を誰かに渡すというのは、その人を危険な立場に立たせているということだ。一言、私たちに相談してくれてもよかったのではないかな。これから、どうするつもりだ?

私:これまで聞いた話をまとめた報告書を送ります。今後についてもそこに書きますので、判断をしていただけたら。

代表:わかった。報告書を待つ事にする。

さすが、弁護士だけあって、ピンポイントで私の弱点を付いてきた。実際、長期休暇に入る前、自分でできる限りの支払いをするべきか、考えたこともあった。しかし、活動資金を任せられるくらい、現地職員と外国人スタッフが強い絆で結ばれているということを証明したかったし、外国人スタッフが現地職員のために、常にお金の管理をしなければいけないという現状を変えたいという想いが先行してしまった。
そんな未熟な願望と理想が、自分の脇を甘くさせ、団体の資金管理という一番大事な業務に徹底することをできなくさせた。

代表理事は2003年にライフラインを設立した。弁護士で、自分の稼ぎの幾分かを団体に寄付し、現在、ハイチ、ウガンダ、ケニアの3カ国で七輪事業を展開している。「少しでもお金に余裕があれば、それを、世界にある不平等をなくすために寄付するのは当たり前」という彼の理念を踏みにじる結果になってしまい、申し訳ない気持ちで一杯だった。

最後に、代表理事は「それより、ようやく、本部からも君に、良い知らせを届けることができるよ。国連の本部と話し合った結果、国連が私たちの団体に車を貸してくれることになりそうだ。良かったな、ハッハッハ」と、私たちの間に流れた気まずい雰囲気を和らげることも怠らなかった。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

seventh star 7

Author:seventh star 7
黒岩揺光  
1981年、新潟生まれ。7人兄弟の末っ子。15歳で米国留学して以来、住んだ国は計8カ国に。海外生活計17年。日本では毎日新聞記者、アフリカでは難民キャンプの工場長、アゼルバイジャンで主夫、ジュネーブで国連職員などを歴任。現在は中東ヨルダンで妊娠した妻に寄り添う専業主夫。
 著書に「僕は七輪でみんなをハッピーにしたい」(ユーキャン)「国境に宿る魂」(世織書房)。
メール連絡先 yokuroi×hotmail.com (「×」を「@」にしてください) ツイッター:@YokoKuroiwa

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR