スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

辞表提出

親愛なるダン(代表理事)へ

 ここに辞意を表明したいと思います。私がダダーブで働き始めたのが2010年3月。ダダーブに100人近くいる国際スタッフで、私より長く滞在している人は2人だけになりました。

 情けない話ですが、ここでの滞在中、様々な事が身に降りかかり、疲労がピークに達しております。従業員による全面ストライキ、地元住民からの脅迫、友人らの拉致事件、そして腹心の失踪。1年前と比べ、自分が仕事に集中できていないと思うことが多くなりました。こんな無責任な状態で工場を運営していたら、また皆さんに迷惑をかけることになりかねないと思います。
 
 さらに、私は妻と結婚して4年近くになりますが、未だに、長期間、同じ屋根の下で暮らした経験がありません。以上の理由で、来月31日をもってダダーブを去りたいと思います。

ライフラインでの仕事は、これまでの人生で一番、刺激あるものでした。こういった機会を私に与えてくださったこと、心から感謝しています。色々していただいたのに、こちらは迷惑をかけるばかりで、申し訳なく思っています。また、この狭い人道援助の世界で再会できることを楽しみにしています。

黒岩

契約は来年5月までだったが、今年一杯で辞めることは、数ヶ月前から考えていた。「5月までできるかな」「やっぱり12月で辞めようかな」などと数時間ごとに気持ちが揺れていた日々に終止符を打ったのは、他でもない、腹心の失踪事件だった。これまで築き上げてきたものを、色々な意味で一瞬にして壊された私は、心身共にリセットが必要と判断した。

先日、ハロウィーンパーティーで、国連で働くイギリスの友人が妻に「私もダダーブでは古株になった」と話し、自分の耳を疑った。彼がダダーブに来たのは昨年6月。私は、その1年以上前からいる。彼が古株なら、私は「超古株」ということか。

別に新しい仕事が見つかったわけでもない。妻の今の国連での契約も来年2月で切れ、次のポストを取れるかどうか、取れるとしたらどの国になるのか、見極めてから、次の進路を2人で考えることになる。だから、多少の貯金もあるし、次の行き先が決まるまで、体を休めようと思う。
 
上司からは3日後に返答が来た。少しくらい慰留の言葉をかけてくれるかと思ったが、「君の思いを尊重する」「これまで力を尽くしてくれてありがとう」とあっさり。副代表のバヒドは「いくら本人が希望しても、過酷な現場での仕事は2年で辞めさせるのが私のポリシー」と話していた。

おいおい。1年以内に7人の援助関係者が拉致されるような超過酷な現場に3年近く働いている自分はどうなるのだ、と思ったが、おそらく、最初の1年を国連で過ごしたから、彼の「2年」の定義に入らなかったのだろう。

というわけで、唐突だが私のダダーブ生活も、残りわずかとなった。

来年からは、このブログのタイトルも、工場長日誌から、「ひも日誌」に変更しなくてはならないな。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

よーこー、お疲れ!過酷な状況で随分長く頑張ったね。しばらくはゆっくり休んで充電して下さいな。にしても、「ヒモ日誌」って…(^^;

No title

葉子さん、ありがとうございます。まだ後、一ヶ月あるので、頑張ります。

お疲れ様

いつも工場長の日誌を読ませてもっていました。本当にお疲れ様。この日誌で、少し世界を覗いている気分になってました。これからの活躍も期待してます。

No title

うえぽん、ありがとう。結構、色々な人が読んでくれているということに驚きです。また、日本で会いましょう。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 株式会社アルセドの森山です

森山さま

返事が遅くなり大変申し訳ありませんでした。

ご連絡ありがとうございます。メールアドレスが文面になかったので、こちらで返信させていただきます。

ネパールの案件、興味深いですね。こちらでできることがありましたら、お気軽にご相談ください。

ありがとうございます。

黒岩

> 黒岩様
>
> 初めてメールいたします。株式会社アルセドの森山と申します。いつもブログを楽しく拝見しております(ちなみに、黒岩様の活動の情報は、毎日新聞社福山支局の菅沼舞氏に今年の夏頃に聞きました)。
>
> 弊社はアジアで環境/エネルギー関連のプロジェクトを手がけているベンチャー企業です。現地社員も入れて総勢6名の会社で、まだ軌道に乗っているとはいえませんが、この3年間で様々な分野での知見を積み上げてきました。
>
> http://www.alcedo.co.jp
>
> 弊社は現在、ネパールで改良かまど案件の実現可能性調査を進めておりますが、情報収集をする中で黒岩様の活動に興味を持ち、機会があれば情報交換をしたいと考えておりました。
> http://www.isolite.co.jp/20120814.pdf
>
> このタイミングでご連絡するのはどうかと悩みましたが、ブログを閉鎖される可能性もあるかと考えメールいたしました。もし、ご迷惑でなければ、上記のメールアドレスにご返信いただけると幸いです。それでは、ご連絡お待ちしております。
>
> 森山
プロフィール

seventh star 7

Author:seventh star 7
黒岩揺光  
1981年、新潟生まれ。7人兄弟の末っ子。15歳で米国留学して以来、住んだ国は計8カ国に。海外生活計17年。日本では毎日新聞記者、アフリカでは難民キャンプの工場長、アゼルバイジャンで主夫、ジュネーブで国連職員などを歴任。現在は中東ヨルダンで妊娠した妻に寄り添う専業主夫。
 著書に「僕は七輪でみんなをハッピーにしたい」(ユーキャン)「国境に宿る魂」(世織書房)。
メール連絡先 yokuroi×hotmail.com (「×」を「@」にしてください) ツイッター:@YokoKuroiwa

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。