本出版へ向けて、アイデア募集


「もう少し、短めに書けば、ブログの読者は増えるかもしれない」と、これまで色々な方から何度も忠告を受けてきた。確かに長い記事で4000字以上。多い月は、10本から11本書いてきたわけだから、「長い」と言われるのは、仕方ない。

しかし、私は、長い記事を書き続けた。なぜなら、ブログを一人でも多くの人に読んでもらうことが、執筆の最大の目的ではなかったからだ。最初の記事を書いた時から、いつか本として出版することを念頭にしていた。だから、日々のありとあらゆる情報を忘れないよう、細かく書き留めておき、本として編集する時に、必要だと思うところだけ残し、コンパクトにまとめようと思っていたのだ。だから、私にとってのブログは、情報発信というよりも、本番のための「メモ帳」の役割の方が大きかった。

だからこそ、そんな長い文章とこれまでおつきあいしていただいた読者の方には、本当に感謝の気持ちで一杯だ。小学校時代の同級生から、ハングル講座で隣に座った元クラスメート(50代女性)まで、様々な年代の人に読んでいただいた。

そして、この度、私の念願が叶い、生涯学習で有名な「ユーキャン」から、このブログが今年4月に書籍化されることになった。

そこで、読者の皆さんにお願いがあります。これから、30万字以上あるブログを10万字まで削り、編集しなくてはなりません。これまで読んでこられて、どの部分が特に面白かったか、教えていただけないでしょうか?

今回の本は、できるだけ幅広い人に読んでもらいと思っています。だから、もし、あなたが、難民や国際問題に興味がなかったり、ブログを読むまで黒岩揺光の名前を聞いた事がなかったりしたら、このブログを読みたいと思うきっかけになったことを教えていただけるとありがたいです。(両方に該当する方がいたら特に!!)おそらく、その答えが、幅広い層に受ける本にする良いヒントになると思うからです。

勿論、私のことを知っていて、難民の興味のある方も、どんどんアドバイスを下さい。皆さんが「拍手」やフェースブックで「ライク」を押し続けてくれたからこそ、ここまでやってこれました。だから、皆さんと一緒にこの本を作っていきたいのです。どうか、よろしくお願いします。

後、良いタイトルも募集中です。「アフリカ」「難民」などのキーワードはタイトルでは使えません。読者層が限られてしまうからです。

今の所、案として上がっているのが

1。七輪のサムライ

2。工場長になった私

3。紛争地の熱血工場長

などです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

masahikoさま

ありがとうございました。とても参考になるご意見で、出版社も喜んでおりました。

活動を通していく中で、援助もビジネスマインドがなければ成り立たないということを痛感しました。だからこそ、従業員たちも一生懸命働くようになったのだと思います。アルジェリアの事件もそうですが、これから日本がアフリカ進出するにともなって、異文化の従業員とどう信頼関係を作るのか、大きな課題だと思っております。そういった人にも読んでもらえたら嬉しいですね。

まさひこさまの様な方が、ずっと私のブログを読み続けていただいたというのを知っただけでも勇気づけられました。本当にありがとうございました。

これからもどうかよろしくお願いします。

黒岩



> 初めまして。ずっと拝読しておりました、Masahikoと申します。難民・人道支援についての興味を強く持ち続けたのは、このブログがあったからです。毎回楽しみにしておりました。
>
> 本出版のアイデアにつきまして、特にタイトルについて、思い至る点がございましたため、僭越ながら私の視点からのコメントをさせて頂ければと存じます。
>
> この内容はビジネス書として、特にマネジメントの分野としてご出版されたらよいのではないかと存じております。特に、グローバル化により海外進出を迫られているすべての人々にとって良い参考書になるのではないでしょうか。従いまして、タイトルは「異文化社会におけるマネジメント」等にして、必要であれば「日本人」「七輪」「工場長」といったキーワードをサブタイトルに持ってくるとよいのではないかと存じます。以下に理由を述べさせていただきます。
>
> 私が最も心を打たれたのは、黒岩様の工場長としての現場における統制であるためです。具体的には、黒岩様が常に公平、平等な態度で従業員の皆様と接しそれを曲げなかった点、従業員がわからないことについても知識を丁寧に教え、七輪を作る意義を伝え、現場の声や能力の向上に応じて改善していった点、そして成果を出したものには相応の報酬と信頼を与えていた点でございます。これは従業員に対する信頼と言い換えられるかもしれません。その行為の積み重ねが難民のやる気を引き出し、異なる文化の中でも「公平性」という共通語を通じて信頼を醸成していった過程は、難民や人道援助という枠を超えて異文化・異言語とのコンタクトを経験しつつある人々すべてにとって意義あるエピソードに溢れていると思います。
>
> そのため、タイトルにおいて異文化とかかわるビジネスに役立つ参考書であることを強調できれば、援助関係者だけではなく「異文化」とかかわるすべての人たちの手に取ってもらえるのではないかと考えます。以上が、僭越ではございますがご出版に向けてのコメントでございます。わずかでもご参考にしていただければ幸いこの上ありません。
>
> 読みながら身につまされることも多く、学ぶことがたくさんありました。出版のご成功にむけて、心より応援申し上げております。
>
> Masahiko
プロフィール

seventh star 7

Author:seventh star 7
黒岩揺光  
1981年、新潟生まれ。7人兄弟の末っ子。15歳で米国留学して以来、住んだ国は計8カ国に。海外生活計17年。日本では毎日新聞記者、アフリカでは難民キャンプの工場長、アゼルバイジャンで主夫、ジュネーブで国連職員などを歴任。現在は中東ヨルダンで妊娠した妻に寄り添う専業主夫。
 著書に「僕は七輪でみんなをハッピーにしたい」(ユーキャン)「国境に宿る魂」(世織書房)。
メール連絡先 yokuroi×hotmail.com (「×」を「@」にしてください) ツイッター:@YokoKuroiwa

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR