紐はビジネスクラスに乗れるか?

「紐」になると決めた私に、早速、大きな試練が降りかかってきた。国連職員が公務で飛行時間が9時間以上かかる所に行く場合、ビジネスクラスに乗ることができる。無論、配偶者も同等の権利がある。(人を助ける国連職員が贅沢するな!という意見もあると思うが、これについては、私も色々考えるところがあり、後日、共有させていただきたい)

しかーし!航空券を手配する担当者の勘違いで、妻の分しか予約がされておらず、それに気付いた時は、時すでに遅く「ビジネスは満杯で、エコノミーしか取れなかった」と言う。一緒の飛行機で行かなければ、ビザ申請ができない。渋々、エコノミーの予約をしてもらい、ビジネスはキャンセル待ちにした。

ナイロビの友人たちに、「私だけエコノミーになりそうだよ」と言うと、予想通り、「紐」バッシングが始まった。

「そもそも、スージン(妻)のおかげで、ビジネスに乗る権利があるのだから、いいでしょ」

「働くのは妻の方なのだから、仕方ない」

そうだろう、そうだろう。どれも、ごもっともな意見だ。しかし、紐側の意見も聞いてもらいたい。

見知らぬ土地へついていく者は、ついていかれる者よりも、多くの犠牲を強いられる場合が多い。当然だが、キャリアは犠牲になる。そして、行き先が、ニューヨークやロンドンなど、日本人が多くいる所ならまだしも、アゼルバイジャンは、日本語はおろか、英語もあまり通じない。日本人はたったの30人。妻は昼間働き、職場を通して人間関係ができるが、私は、昼間一人ぼっちで家に引きこもり、出歩いても「仕事は何をしているの?」と紐バッシングを受けるのが落ちである。日本でさえ希薄な「専業主夫」という概念を、イスラム教徒が9割の国で受け入れてもらうのは難しい。

妻は、「ビジネスが一席しか取れない場合、どうする?」と私に尋ねた。私は、「公平に、ボーリングで勝負し、勝った方が、ビジネスに座るというのはどうか?私のアベレージが120で、スージンが70くらいだから、ハンデとして50ピンあげるから。」と提案したが、「取れないことがわかってから、話し合いましょう」と却下された。

最後の望みは、ビジネスを予約した人が、土壇場でキャンセルすることだった。午前4時40分の便だったため、約3時間前に空港に着き、「ビジネスに一つでも空席ができたら、アップグレードしてくれ」と係員にお願いした。「午前3時40分になって、来ない人がいたら、発券します」という。私たちはカウンターの前に座り、待ち続けた。午前3時10分、「席が一つ残っている」と言う。出発まで一時間半。「これなら行けるかもしれない」と期待が膨らんだ。

一人、一人とチェックインカウンターに急ぎ足で入ってくる。彼らの足が、ビジネスクラスカウンターではなく、エコノミーカウンターに向かうたび、心が躍る。午前3時30分。「もう、発券してもいいでしょ」と詰め寄るが、「まだまだ」と係員。もう、妻の隣でビジネスクラスの大きな席に横たわる自分を想像する。午前3時40分、お金を持ってカウンターに行こうと立ち上がると、係員が両手を上げて、「×」を描いている。何の意味か?と駆け寄ると、「残念です。最後の一人がチェックインしました」。

私は、あまりの脱力感で言葉を失い、「オーケー」の受け答えさえできなかった。天国から地獄へ一瞬で落とされた私を見て、妻が「ビジネス座っていいよ」と言う。今さら、何を言うか?ボーリング勝負を断ったくせに。

「ビジネスクラスの方、小さなお子さまをお連れの方は搭乗してください」のアナウンスが、これほど残酷に聞こえたことはなかった。妻は「じゃあ、私行くね」と立ち上がった。私は、エコノミーの最前列の席のため、搭乗は最後になった。チケットカウンターを通過し、機体への通路には、50人以上の列ができており、10分、15分と立ち往生した。やっと機体へ入ると、妻が最前列の大きな席で、目をつぶって、くつろいでいる。小学生の時、平泳ぎ100メートルで、ゴールした後、水面上に顔を出したら、すでに全員、プールの外でくつろいでいた時に受けた以上の、屈辱感があった。この時、気付いた。私が、ビジネスクラス取得に執着したのは、贅沢をしたかった以上に、この屈辱感を味わいたくなかったという、男のプライドがあったからだということに。
妻の横を通りかかると、「席変えようか?」と妻が小声で話しかけてきた。たくさんの観客の前で、妻からビジネス席を奪い取るなんて事が、できると思うのか?

エコノミーに座ると、慣れているはずなのに、なぜか狭く感じる。飛行中、トイレに行くと、二つあるうちの一つが壊れており、長く待たされる。16席しかないビジネスなら、こんな事はなかった、とか考えてしまう。

紐は辛いよ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

私も3/3に日本に帰国し、ケニアを去ります。
揺光さんとスージンに出会えて楽しかった。
二人が頑張っていると思うと勇気が出ます。

環境の変化に対応するのは大変だけど
学ぶことはとても多い。

スージンは心配しないけど揺光さんは少し心配。
でも持ち前の人懐っこさと笑顔があれば大抵は大丈夫。
二人の笑顔は、とても良かったです!

No title

あははは。
確かに、ビジネス・シートで仲良くその空間とサービスを、ともに味わいたいですよね。笑

でも、一緒の飛行機だし・・・・・
もし、これが弱の立場だたなら、女性である妻に、ビジネスを譲るでしょ?

あんまり、そういうの、気にしないで!!!

無事に、同じ飛行機で、目的地につけば、そして、妻スージンさんがHappyなら、それで、良いと思いましょう♥

その見返りは、違うチャンスとなって自分の身に返ってくる、と考えてみましょ。

肝心なことは、妻スージンさんとともに過ごせる幸せですよ!

No title

若い人は仕事でもエコノミーで飛んでいるよ。ましてや紐は到着地で仕事をするわけじゃないんだから、ビジネスで飛ぶなんて特権階級意識です。
私も同じ飛行機で夫がビジネス、私がエコノミーでアムステルダムから東京に飛んだことがあって、その時私は足を捻挫していて席を深く倒せないエコノミーでは辛かったけど、夫は気にもしてくれなかったよ。スージンは心が優しいね。

No title

クララさん、ありがとうございます。私たちもお会いできて良かった。また日本でお会いできたらうれしいです。みやびさん、もちろん、ビジネスは妻に譲ります(笑)。いや、ボーリングで勝負するかもしれません、、(笑)。あおうさん、そうですね。つねにエコノミー精神ですね。それにしても、足を捻挫しているのに、エコノミーは大変でしたね。
プロフィール

seventh star 7

Author:seventh star 7
黒岩揺光  
1981年、新潟生まれ。7人兄弟の末っ子。15歳で米国留学して以来、住んだ国は計8カ国に。海外生活計17年。日本では毎日新聞記者、アフリカでは難民キャンプの工場長、アゼルバイジャンで主夫、ジュネーブで国連職員などを歴任。現在は中東ヨルダンで妊娠した妻に寄り添う専業主夫。
 著書に「僕は七輪でみんなをハッピーにしたい」(ユーキャン)「国境に宿る魂」(世織書房)。
メール連絡先 yokuroi×hotmail.com (「×」を「@」にしてください) ツイッター:@YokoKuroiwa

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR