スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台所での国際試合

「専業主夫」と偉そうなことを書いているが、肝心な夕食作りは、妻に手伝ってもらう。私の本の編集作業やハングルレッスンを「仕事」として扱ってもらい、二人とも家に居る時は、家事は分担することにしている。

しかし、この「協力」が、なかなかうまく噛み合ない。外食の時はどうしても肉、魚中心になるため、家では、野菜を多く取りたい私と、何でも肉や魚を入れたがる妻で挌闘する。妻によると、韓国ではキムチなどの漬け物が必ず5品以上出るため、100パーセント野菜料理というのが少ないという。確かに、それだけ豊富な漬け物が家にあれば、私も、そこまでこだわらないだろうが、ここではキムチさえ手に入らない。

ある日、「じゃあ、今日はスージン野菜料理お願い」というと、ジャガイモのベーコン巻が出てきて、「これ、どう見ても肉料理じゃん」という私に「野菜入っているから野菜料理でしょ」という妻。

昨日は、焼き魚、野菜炒め、スープの献立。私が、ご飯、焼き魚、大根おろしを担当し、妻が野菜炒めとスープを担当する。そしたら、妻はいきなり、冷凍庫から豚肉の細切れを出してきた。韓国料理では、キムチチゲなど、豚肉を入れるスープが多い。私が「焼き魚でタンパク質は足りてるから、肉はやめよう」と言うと、「じゃあ」と言いながら、今度は冷凍イカを取り出してきた。「いや、野菜だけにできないかな」と私が言う。妻は「韓国では、肉や魚を入れてダシを取るのよ」とぶつぶつ言いながら、大根、ズッキーニ、なす、ネギで野菜味噌チゲを作り始めた。

食べ終わり、後片付け。私は、食べ終わってすぐ後片付けができないタイプで、リビングのソファーで横になっていると、妻が「後片付けは?」と聞いてくる。数分後に台所に行くと、流し台に、野菜炒めをしたフライパンの中に水が溜まり、その中に、ご飯やスープに使った茶碗が入っていた。私は、片言のハングルで(最近は、簡単な会話はハングルでやることにしている)「フライパンに油があります。他の茶碗には油はありません。一緒にすると、大変ですね。私が話していること、わかりますか?」(ハングルだと敬語形しか習っていないため、妻にも敬語になってしまう)とゆっくり話すと、妻は静かに頷いた。油物の食器を別にすることは、何年も前から話しているのだが、なかなか、変わってもらえない。

そして、今朝。一昨日に私が作ったカレーを妻が弁当に詰め、職場に持っていこうとした。私は、パソコンで朝刊を読んでから台所へ行くと、カレーを作った鍋の中に、ジャガイモ一切れとエビ一匹が残っていた。私は「なんで、全部、持っていかないのですか?少しだけありますけど?」妻は「すべて食べることができないの。必要なければ捨てればいいでしょ?」と言ってくる。私は、「あなたのために私が料理したのですよ。もう一度、こういうことをしたら、もう料理しませんよ」と、知っている限りのハングルの単語を使って話す。「残す」という単語がわからなくて、「残すって何て言うっけ?」などと妻に聞いてしまい、迫力を失う。

結局、ジャガイモとエビは、私が食べ、妻は、そのまま職場へ行った。本来なら、「すべて鍋からすくい取り、皿洗いしやすいように、水につけておいて」と言いたかった。しかし、ハングルでは厳しい。次から日本語でやろう。台所での「国際試合」はしばらく続きそうだ。(注:油物食器を分けないことや、食べ物を残すのが韓国の習慣というわけでは決してありません。あくまで主人の個人的なものです)
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

人道支援の分野だと国際結婚もひとつの可能性かな、と思ってましたが、現実をこのブログを通じて読むと、いろいろ大変なんだなと勉強になります。。。文化の違いって大変。
プロフィール

seventh star 7

Author:seventh star 7
黒岩揺光  
1981年、新潟生まれ。7人兄弟の末っ子。15歳で米国留学して以来、住んだ国は計8カ国に。海外生活計17年。日本では毎日新聞記者、アフリカでは難民キャンプの工場長、アゼルバイジャンで主夫、ジュネーブで国連職員などを歴任。現在は中東ヨルダンで妊娠した妻に寄り添う専業主夫。
 著書に「僕は七輪でみんなをハッピーにしたい」(ユーキャン)「国境に宿る魂」(世織書房)。
メール連絡先 yokuroi×hotmail.com (「×」を「@」にしてください) ツイッター:@YokoKuroiwa

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。