母と祖母の確執

母が祖母へ書いた手紙は4000字に及ぶ。幼少の頃から「家庭的な女性」に母を育てようとした祖母に反発していた母は、祖母が亡くなった時に「悲しい」という感情さえ見いだせなかった胸の内を明かしている。

祖母は、幼いころに両親が離婚し、母子家庭の家で育てられた。小学校時代の通知表はすべて「甲」(3段階の一番上)だったが、女学校の月謝が払えず、2年で中退した。そのせいか、祖母の学歴への執着はものすごく、孫を紹介する際、一定レベル以上の大学に通う孫のみ、大学名を紹介するような人だった。

裕福な家庭で育った祖父が、祖母と結婚した理由が、自分が解けない数学の問題を祖母が解いたからだった。母を身ごもった際、祖父は「男じゃなかったら絞め殺せ」と言ったという。

母が3歳の時、祖父は戦場から手紙で祖母に離婚を申し出た。祖母は祖父の兄に泣きつき、離婚撤回をお願いしたという。

幼少時代から活発だった母は、祖母の理想としていた「女性象」からほど遠く、「あなたなんか、私の子どもじゃない」と時には暴力でしつけされたという。祖母は「女らしくなりなさい」と母に言い続け、積極的、行動的、追求的な母は、自分の良い所をすべて否定されていると感じた。女子が過半数を占める高校への進学を薦められたが、祖母のような専業主婦にだけはなりたくないと決めていた母は、男子が7割の進学校へ入った。

離れて暮らしてからも、祖母は母に「仕事を辞めて子育てに専念」を要求した。「卓夫さん(父)がかわいそうでしょ」「7人の子どもたちがかわいそうでしょ」が祖母の言い分だった。

祖母が80歳になった時、新潟の私の実家近くのケアハウス(高齢者が共同生活する施設)に東京から移り住み、60年振りに、二人は近くで暮らすことになった。亡くなるまでの9年間、母は毎日の様に祖母を訪れ、祖母を受け入れようと努力した。

祖母の痴呆が始まり、外を徘徊し始め、施設のスタッフに「銀行にお金を預けにいく。秩子(母)はあてにならないから」と言い、母は「私が受け入れてやれないことを見抜かれた」と振り返る。 亡くなる一ヶ月前、祖母の痴呆はかなり進行していたが、施設でのイベントで母が歌と踊りを披露すると「○○大学を出た人が、そんなことをして恥ずかしくないの?」と言い、 母は「自分のいる場所もわからなくなっていた彼女の頭の中に学歴だけが残っていたということに驚かされた」と記した。

 私は、母に感想を送った 。

「その時代にある様々な制約の中で、母は娘に楽な人生を送ってもらえるよう努力し、娘は自分の信念を貫こうとする姿に涙が出ました。

お母さんは十分におばあちゃんを愛してあげていたと思う。痴呆になった母のために、9年間も毎日の様に足を運び、今、こういうラブレター を書こうと思う人はなかなかいない。おばあちゃんが銀行にお金を預けにいこうとしていたのは、活発に行動するお母さんに迷惑をかけたくなかったからではないだろうか。本当に「受け入れられていない」とおばあちゃんが感じたなら、「新潟から出て行く」と言うと思う。そして、亡くなる寸前に「○○大学を出た人が」と言ったのも、学歴への執着というよりも、「自慢の娘」の存在が、最後の最後まで胸の奥底にあった証拠だと思う。

これは、勝手な推測だけど、一度離婚を言い出され、おじいちゃんの様な学歴もないおばあちゃんは、「良い妻」でいなければ、おじいちゃんから見放され、子どもたちに安定した生活を保障できないと思った。だから、お母さんにも、夫から認めてもらえる「良い妻」になり、安定した生活を送ってほしかった。それが結果的にお母さんの人格を否定するようなことになったのは、不運というしかないよね。

だから、おばあちゃんもお母さんも、お互いの信念に基づいてお互いを愛していた。自分もお母さんみたいに、親に愛を注げる子どもにならないといけないと思ったよ」

娘に専業主婦になることを望んだ祖母、それを拒み続けた母。今、私が「専業主夫」になることは、ある意味、祖母と母、双方の意志を受け継いでいるようで、妙な使命感を抱いてしまった。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

幼少期に育った環境、境遇というのは、心に大きく残るもんですよね。
人格、性格、生き方の全てのベースとなって成長しちゃうから、育つ環境って大事なんだなーって思います。
自分のことに置き換えて考えても、同じように重い、感じるところがあります。
もちろん、さかのぼっていくと、自分の親にも、同じように当てはめられ、育てられた環境など。

私の両親、おばあちゃん、おじいちゃんのそdファってきた環境も、決して楽なものではなく、戦争も関係し、国もまたぎ、産みの親、育ての親が異なり、なんだか、複雑な、私には、全てを理解するには難しすぎる背景があって、それらが、未だに、影響しているなー、って感じることがあります。

だから、黒岩さんが言われていること、なんとなくわかります。


でも、どんな親であっても、たった一人しかいないお母さん、お父さん、やはり、親孝行を使用とする姿を、自分の親からも見れますね。


家族って、そういう絆があるから強いんでしょうね。
プロフィール

seventh star 7

Author:seventh star 7
黒岩揺光  
1981年、新潟生まれ。7人兄弟の末っ子。15歳で米国留学して以来、住んだ国は計8カ国に。海外生活計17年。日本では毎日新聞記者、アフリカでは難民キャンプの工場長、アゼルバイジャンで主夫、ジュネーブで国連職員などを歴任。現在は中東ヨルダンで妊娠した妻に寄り添う専業主夫。
 著書に「僕は七輪でみんなをハッピーにしたい」(ユーキャン)「国境に宿る魂」(世織書房)。
メール連絡先 yokuroi×hotmail.com (「×」を「@」にしてください) ツイッター:@YokoKuroiwa

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR