スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アゼルの主夫会


 次の日、ハングル講座を終えて、待ち合わせ場所へ向かった。日本と同じ四季があるアゼルにも春の訪れを感じされる暖かさで、半そでの人も見かけられた。

 マクドナルドが見えてくると、入り口10メートル手前に、白人男性が1人で立っているのが見えた。金髪に白髪が混じり、緑色の半そでシャツにジーンズを履いている。頭髪のフサフサ感に陰りがあり、想像した通りの年代に見える。

 私が歩み寄って「ハンズ?」と話しかけると、「ああ。ヨーコーか?」と右手を差し出してきた。「日本料理は好き?」と尋ねると、「いいね」とハンズは言い、近くの「ザクラ」という日本料理店に向かった。

 ハンズは、オランダ出身の50歳。なんと、私が卒業したユトレヒト大学が母校という。ワイフが、BP(英国石油会社)で働き、ハンズが家事や二人の子どもの育児を担当しているという。 「育児といっても、すでに14と15歳だから、学校ですぐ友達作って、逆に、こっちが遊んでくれって頼まないと、遊んでもらえないよ」とおどけて見せた。

 私が、アンに電話をしたら躊躇されたことを話すと、「私も、友人に誘われて、あのお茶会に1年前くらいに参加したことあるけど、馴染めなかったな。20人くらいの女性が100人くらいに見えたよ(笑)。なんか、『女性の会』みたいな雰囲気が醸し出されていたし、『あなた男性なのに、働いてないの?』みたいな目でも見られるし、、」と言い、私は「あー。わかるわかる。その気持ち」と、救われる思いになった。

 
私:どういう経緯で主夫になったの?

ハ:これまでは、イギリスやフランスなど20年くらい、色々な国を転々としてきたけど、妻がアゼルに赴任することになって、ここは配偶者に就労ビザが出にくいし、英語もあまり通じないから、少し、一息入れるのもいいかなと思ってね。

私:これまではどんな仕事を?

ハ:イギリスの医療関係の会社で管理職だったのだけど、とにかく激務だった。だから、こちらに来て、何もすることがないのに最初は戸惑ったよ。

私:こちらではどんな日々を?

ハ:通信教育で、コンピューター管理の資格を取ったり、アゼル語を学んだり、ジムに通ったり。家事もやっているよ。妻の帰りが遅くなることが多いから、基本、夕食作りは私だよ。
私:私の妻は5時半くらいには帰ってくるので、夕食は一緒に作ることが多いな。

ハ:それは羨ましい。

私:オランダでは、「主夫」という概念は浸透している?

ハ:そうだね。男性が育児休暇を取ったり仕事をパートタイムに切り替えて育児を女性と分担するのは普通だよ。私は、子どもが小さい時もイギリスにいて、1年半くらい仕事せずに育児に専念した時期があったけど、その時は、周りの男性から羨ましがられたよ。「自分も子どもとの時間を作りたいのに」ってね。「だったら、そうすればいいだろ」って言ってあげたよ。

私:日本では3年前、東京のある自治体の首長が2週間の育児休暇を取り、「育児休暇を取得する日本で初の首長」という見出しで、全国紙の一面トップで報道されました。テレビのトークショーでも話題になり、「革新的」と好評価も多くありましたが、「首長として他にやるべき仕事があるのではないかな」と批判的な女性コメンテーターもいました。ある男性著者のプロフィールには「育児休暇を取得したことがある」と書かれるなど、男性が育児休暇を取ることがどれだけ稀なのかがわかります。

ハ:へえ。オランダだったら、逆に、日本でそれが一面トップで報道されるということがニュースになるかもな(笑)。そしたら、君はかなり変わり者だね?(笑)

私:「アゼルではどんな仕事をしているの?」とアゼルの人によく聞かれるのですが、何て答えている?

ハ:定年ですとか、妻が働いているとか、適当に言っているよ。みんな、目を丸くするけどね。

私:周りからは変な眼でみられるし、お茶会に行けば、女性ばかりで馴染めないし、主夫はつらいね。

ハ:うん。私も最初は心細かったよ。私はマージャンが大好きで、マージャン倶楽部が木曜昼にあるのだけどね。女性ばかりかと思うと、足が遠のくよ。他にも3,4人、主夫がいて、毎週木曜朝にコーヒーを飲んでいるのだけど、良かったら、来てくれよ。

私:へえー。「アゼルの主夫会」ですね。他の人はどの国出身なのですか?

ハ:アメリカとかイギリスだね。

私:ちなみに、私と同世代の人は?

ハ:いや、みんな、私と同じくらいだよ。お年寄りと混じるのも、いいじゃないか(笑)。

私:ええ。是非。

 話は、アゼルバイジャンの見どころや、ハンズが日本に行った時の話など、盛り上がり、昼食後は、近くのカフェでお茶をし、2時間半があっという間に過ぎ去った。

 別れ際、「週末にうちで食事会を開くこともあるから、是非、一度、夫婦で来てくれよ」と固い握手を交わした。

 「主夫」という超マイノリティーに属し、虐げられる分、仲間を見つけた時の結束は速い。また、主夫の楽しみが一つ増えた。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ありがとうございます

いつでもご連絡ください。

email. yokuroi@hotmail.com

mobile 994 51 395 6035
プロフィール

seventh star 7

Author:seventh star 7
黒岩揺光  
1981年、新潟生まれ。7人兄弟の末っ子。15歳で米国留学して以来、住んだ国は計8カ国に。海外生活計17年。日本では毎日新聞記者、アフリカでは難民キャンプの工場長、アゼルバイジャンで主夫、ジュネーブで国連職員などを歴任。現在は中東ヨルダンで妊娠した妻に寄り添う専業主夫。
 著書に「僕は七輪でみんなをハッピーにしたい」(ユーキャン)「国境に宿る魂」(世織書房)。
メール連絡先 yokuroi×hotmail.com (「×」を「@」にしてください) ツイッター:@YokoKuroiwa

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。