スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカと日本の卒業文集を比べてみる

 新潟の実家から1−2キロ離れた所に「国際情報高校」という県内屈指の進学校がある。私の父親が校長先生に「息子がこんな本を出したんです。是非、高校生に話をさせてやってほしい」と親バカぶりを発揮。8月27日に、アフリカでの体験を話すことになった。

 対象は、「海外大学進学コース」の生徒ら約30人。なので、アメリカの高校、大学での私の体験により関心があるだろうと予想し、当時の写真や学校の文集を実家の倉庫から引っ張り出してみた。
 
 「そういえば、アメリカと日本の文集を読み比べてみたことなかったなあ」と思い、改めてページをめくってみた。そしたら、文集の構成が180度異なっており、二つの国の違いが際立っていることに気付いた。これは面白い「教材」になると思い、生徒たちに見せて、違いについて尋ねた。

IMG_6727.jpg

 まず、カバーデザイン。アメリカはカラフルで、日本は格式高い感じ。日本は「卒業文集」で卒業生全員に配られるのに対し、アメリカは一冊4000円で、買いたい人が買う。「卒業文集」というものはなく、「年度末文集」といい、全校生徒の写真があるが、卒業生中心に構成されている。


 次に、最初のページをめくってみる。

IMG_6728.jpg

 日本は、最初に校長先生と先生の集合写真があるのに対し、アメリカは生徒ばかり。アメリカの先生の紹介写真は96ページ目に出てくる。

 IMG_6730.jpg

 次に日本の生徒の集合写真。真ん中に先生がいて、男女がしっかり区別されている。(私は前から三列目の一番左でふてくされている)

IMG_6731.jpg


 アメリカは「クラス」とうものがないため、日本の様なクラスごとの集合写真はない。生徒個人の顔写真が男女混合で並べられる。各部活動の集合写真は上の様にあるが、基本は選手が中心で、監督(先生)は写真に出てこない。(ちなみに、私は最前列の一番左)。

 日本は、委員会や部活動の集合写真には必ず担当の先生がおり、時には先生が中心に座っていることもある。私のクラスの副担任は、クラス、委員会、部活を掛け持ちしており、卒業生の私より頻繁に文集に登場していた。

 IMG_6732.jpg

 アメリカの文集には、舌にピアスしている女子生徒が9ページ目に大きく取り上げられている(校長先生は96ページ目で、この女子生徒よりも小さい写真)。写真の横には「反乱者か革命家か?」という見出しがあり、「校則に従うのが重要なのか、個性を出すのが重要なのか?」という議論が交わされていた。

 IMG_6733.jpg

 アメリカは男女の距離感も違う。こうやって男女が抱き合っている写真が何枚も載せられている。

IMG_6734.jpg

 日本の文集にも男女が混じり合う光景があるが、微妙な男女の距離感がある。ちなみに左から4番目が私で、一緒に踊っている女子生徒、むっちゃ嫌がっている感じ(涙)。

 アメリカの高校に入って最初に驚いたことは、新入生の「自己紹介」がないということ。私が英語の講義で自己紹介を始めたら、「何やってんだこいつ」みたいな目で見られた。日本の様なクラスという単位がなく、学年を超えて個人個人がごちゃまぜに学んでいるため、新しい人が入っても目新しいことがないのだ。日本はしっかりとした「クラス」という輪があり、そこに新しく入る人がいたらその輪に入るための儀式が必要。一方、アメリカは輪ではなく、個人の「点」がたくさんごちゃまぜにあって、そこに新しく一つの点が混じるだけだから、儀式は要らないのだ。

 生徒たちには「どっちが良くてどっちが悪いということは考えず、同じ文集なのに、なぜここまで違うのか、そこにはどんな考えがあるのかを考えてみましょう」と伝えた。

 話の後、生徒7人が校長室に来て、「英語はどうすれば学べるか?」「ロシア語や中国語は大事か?」「国連に入るためにはどうすればいいか?」「どうやってアメリカの大学を選んだか?」「難民キャンプで働くには何が必要か?」などなど、たくさん質問を頂いた。こういった積極性こそ、多文化理解の第一歩だろうな。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

seventh star 7

Author:seventh star 7
黒岩揺光  
1981年、新潟生まれ。7人兄弟の末っ子。15歳で米国留学して以来、住んだ国は計8カ国に。海外生活計17年。日本では毎日新聞記者、アフリカでは難民キャンプの工場長、アゼルバイジャンで主夫、ジュネーブで国連職員などを歴任。現在は中東ヨルダンで妊娠した妻に寄り添う専業主夫。
 著書に「僕は七輪でみんなをハッピーにしたい」(ユーキャン)「国境に宿る魂」(世織書房)。
メール連絡先 yokuroi×hotmail.com (「×」を「@」にしてください) ツイッター:@YokoKuroiwa

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。