スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

母から残された笛

母から残された笛

 ダダーブ難民キャンプは、元々、国連とケニア政府との間で境界線が定められ、難民はその中に住むことになっているのだが、今回の干ばつで境界線外に余儀なく住みつく難民が急増した。

3~4平方キロメートルくらいの 木の枝と布、そして国連から支給されるプラスチックシートをかぶせて作られた円形の「住居」が無数に立ち並ぶ。直径2メートルくらいの中に、家族3~7人が身を寄せて暮らす。それにしても暑い!大きな麦わら帽子にサングラスをかけても、日差しが体のエネルギーをどんどん吸い取っていく。そして、数分おきに、砂たつまきのような砂塵が体を襲う。

少し歩くと、直径50センチから2メートルくらいの小さな赤土の山が100個ほど並んでいた。山の高さは30センチほど。通訳が「これはお墓です」という。2カ月ほど前に作られた墓地には、栄養失調でたどり着いた子供や高齢者がダダーブで次々と亡くなっていった証明だ。

背後から突然、20代後半の男性が話しかけてきた。「この山は、私の妻のです。昨日亡くなりました」。おそらく、私から何か支援が受けられると思って、話しかけてきたのだろう。

男性は0歳~8歳の子供が5人いる。2カ月前にダダーブに辿り着いた。男性によると、ソマリアでは雨が3年間、全く降らず、家畜が次々と亡くなっていた。長年無政府状態が続くソマリア南部を実効支配し、アルカイダと関係があるとされる急進派イスラム組織「アルシャバーブ」が、住民の移動を厳しく制限していたため、これまでケニアへ逃れてくることができなかった。しかし、干ばつで家畜が亡くなったため、それまで住民から家畜を略奪してきたアルシャバーブも、住民の移動を制限する理由がなくなった。

男性は、村人200人と共に歩いてケニアを目指した。徒歩で約一カ月。途中で5人が飢えで亡くなった。

男性の妻は数日前から麻疹を患い、そのまま亡くなった。免疫が弱っている難民が密集した形で暮らしているため、1人でも麻疹を患えば、ウイルスは一気に他の人に広がる。私の工場の従業員も1人、麻疹になり、長い間仕事を休んでいる。

生後5カ月の赤ちゃんは、母親の母乳を受けることができなくなった。赤ちゃんを抱く祖母は、必死に乳児の顔の周りを飛ぶ数匹のハエを手で払っていた。母親が生きている間は元気だった乳児が、今は、もう目も開けることさえできなくなった。必死で呼吸をする乳児を見て「虫の息」というのは、こういうことを言うのだと思った。

男性に話を聞く間、「ビビビ。ピピピ」という音楽が、何度となく流れた。3歳の次男が、携帯電話の玩具のボタンを押して遊んでいるのだ。「これは、母親が亡くなる前に、子供たちに買い与えたのです」と男性。イスラムの「断食の月」であるラマダンが先週終わり、ご馳走を食べて祝う「イード」と呼ばれる祝日があり、子供たちは親から玩具や洋服をもらう。亡くなった母親は、親戚から少ない小銭を分け与えてもらい、笛を二つ、そしてこの電話玩具を一つ買い、3日後に亡くなった。

午後2時ごろ、キャンプの中心市場まで約2キロの道のりを歩いた。正午にコーラ300ミリリットルを飲み、1時に500ミリリットルの水を飲んでいたが、すでに喉が渇き、再び500ミリリットルの水を買って飲み干した。さらに午後3時、市場でオレンジジュース500ミリリットルを飲んだ。日本では滅多に甘いジュースなど買わない私が、ここでは、毎日、糖分に飢え、コーラやスプライトを飲みたくなる。

難民の人たちは、この暑さの中、裸足で一カ月歩いたという。私には信じられなかった。2時間ほどキャンプを歩いて、話を聞いただけで、へとへとになった。毎日夕方になるとバスケやテニスなどの運動をするのが日課の私も、その日ばかりはベットで横になった。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

seventh star 7

Author:seventh star 7
黒岩揺光  
1981年、新潟生まれ。7人兄弟の末っ子。15歳で米国留学して以来、住んだ国は計8カ国に。海外生活計17年。日本では毎日新聞記者、アフリカでは難民キャンプの工場長、アゼルバイジャンで主夫、ジュネーブで国連職員などを歴任。現在は中東ヨルダンで妊娠した妻に寄り添う専業主夫。
 著書に「僕は七輪でみんなをハッピーにしたい」(ユーキャン)「国境に宿る魂」(世織書房)。
メール連絡先 yokuroi×hotmail.com (「×」を「@」にしてください) ツイッター:@YokoKuroiwa

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。