スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

主夫力とは

1年2ヶ月振りの「組織」での勤務。「ブランクは感じますか?」と良く聞かれるけど、全く感じない。それどころか、主夫をやったおかげで、これまでの職場よりも、同僚との人間関係がスムーズにいっているような気さえする。「主夫歴」と「同僚との人間関係構築」にどんな関係があるのか?

主夫をやる前の私は周りの人間関係よりも、自分の成果にこだわる傾向が強かった。学校では兄や姉に負けない成績を取りたかったし、毎日新聞では特ダネを書きたかったし、ケニアの難民キャンプでは形に残る成果を示したかった。同僚との人間関係も気にしなかったわけではないけど、「成果を残しさえすれば、誰も文句は言わないだろう」的な考えがあった。実際、特ダネを書けば上司は「よくやったな」と肩をもんでくれるし、署名記事だから、全国津々浦々の同僚たちも目にする。

「主夫」と「会社員」の大きな違いの一つとして、後者は、個人の成果が、人間関係を大きく作用するのに対して、前者は、人間関係がうまくいかなければ、どんな「成果」も水の泡になってしまうことだ。私がスージンと喧嘩ばかりして、信頼を失えば、どんなに美味しい料理を作った所で、感謝はされない。だから、私の成果を認めてもらうために、まず、スージンの気分を害さない方法を模索する。言い合いになったら、「スーーージーーーンーー、ごめんねーーー」と赤ちゃん声をあげて謝る。そうすると大抵の場合、平和的解決となり、美味しくご飯を食べてもらえる。

数年前に大ヒットした「家政婦のミタ」というドラマ。料理、洗濯、掃除、何でもパーフェクトにできる家政婦なのだが、最初、家族と馴染めないという理由で、解雇されそうになった。新聞社で、特ダネを書きまくる記者が、同僚と少し馴染めないという理由で解雇されるなんてあり得ない。人間関係なくして成果はあげられないのは、どの仕事もそうなのだろうが、主夫業ほど、その度合いが強い仕事はあまりないかもしれない。

今の新しい職場になってからは、これまでしたことなかった、メールに絵文字をつけたり、毎朝、笑顔で皆に挨拶したり、金曜日に退社する時は、同じ部屋の同僚1人1人の机に行って「週末は何するの?」などと話したり。会議では、自分の言いたいことよりも、まず、周りの気分をどうすれば和ませるか考えて、「どうですか、お水でも飲みますか?これは私のおごりですよ」と冗談を言ったり、「○○の言う通りだと思います!」などと同僚の意見を支持したり、「○○のおかげで、この業務をうまくこなせました」と、同僚に感謝したり。毎日新聞時代の「会議」なんで、自分の成果を披露する場としか思っていなかった私としては、相当なチェンジである。

私が所属する「課」は約20人で、欧米諸国は勿論、エチオピア、コロンビア、トリニダードトバコ(カリブ海の島国)など、超多国籍。そんな多文化な職場で、2ヶ月の間、楽しく仕事できているのは、「主夫」の経験が大きいような気がする。

いい加減「ブランク」なんていう言い方は辞め、日本の企業も思い切って「主夫研修」と称して、数ヶ月、社員に「主夫」をやらせてみてはどうだろう?案外、企業業績があがったりするかも(笑)。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

seventh star 7

Author:seventh star 7
黒岩揺光  
1981年、新潟生まれ。7人兄弟の末っ子。15歳で米国留学して以来、住んだ国は計8カ国に。海外生活計17年。日本では毎日新聞記者、アフリカでは難民キャンプの工場長、アゼルバイジャンで主夫、ジュネーブで国連職員などを歴任。現在は中東ヨルダンで妊娠した妻に寄り添う専業主夫。
 著書に「僕は七輪でみんなをハッピーにしたい」(ユーキャン)「国境に宿る魂」(世織書房)。
メール連絡先 yokuroi×hotmail.com (「×」を「@」にしてください) ツイッター:@YokoKuroiwa

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。