スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

主婦は「出張」できるのか?


今日からスージンがスペインへ短期語学留学に行った。9月6日に戻り、そして、11日から今度は韓国へ帰省する。私は9月20日に日本へ休暇で戻り、9月末にスージンと日本で合流する予定。つまり、今日から9月末までは5日間しか顔を合わせないことになる。

これについて決まったのは、もう3週間くらい前のことだった。その時は、「まあ、いいか」みたいな感じで軽く受け流していた。

スージンは9月にある国連のスペイン語試験を受けるべく、ずっと勉強してきた。これまでもずっと書いてきたけど、「主婦」の時間は語学を勉強するにはもってこい。私もアゼルで韓国語を勉強できたことをとても感謝している。たまに離れ離れになってお互いの時間を自由気ままに使うのもいいと思っていた。

それが、スージンの出発の日が近づくにつれ、「俺を1人ぼっちにするなんてけしからん!」的な発想が胸の奥底からブツブツと湧いてきた。

スペイン語なんて、ジュネーブでも勉強できるじゃないか。私がアゼルで韓国語を勉強していたように。

私が「主夫」だったころは、3ヶ月目で数週間海外に行くなんてしなかったぞ。

そんなこと、考え始めたら、腹立ってきた。でも、私に腹立つ権利はないことはわかっている。スージンはキャリアを中断してスイスに来てくれた。そして、私は主夫時代、広島カープの試合を見るために日本に帰った。ここで、喧嘩を売っても、絶対負ける。でも腹が立つ。腹が立つのに、それを出せないから、もっと腹が立つ。

出発2日前、「しばらく離れ離れになるから」と寿司屋、ラーメン屋、ケーキ屋と3軒はしごした。(ジュネーブではラーメン一杯2500円!)

私は、負けることがわかっていながらも、スージンに喧嘩を仕掛けてしまった。

私:そもそも、スペイン語なんて、ジュネーブでも勉強できるでしょ?わざわざ、お金と時間かけてスペインまでいかなくても。
ス:それはもう話したでしょ。短期間で集中してやる講座がジュネーブにはないのよ。もうすべて準備が整っているのに、こんな議論やめようよ。

自分の非論理性を指摘されるのが悔しく、無駄な抵抗は続いた。

私:私が主夫だったころは、こんな頻繁に1人で出かけたりはしなかったけどな。これで、海外旅行4回目でしょ?

ス:ロンドンは3日、イタリアは日帰り、スペインはヨーコーの出張中だった。だから、実質的には今回が初めてじゃない。

 議論を打ち切るのが一番だとわかっていながらも、私は、母親にだだをこねる息子のように、スージンにからんだ。

私:スペイン語と私、どっちが大事なんだ?
ス:広島カープと私、どっちが大事なんだ?

ついに、「カープ」カードが切られた。「カープの試合は日本でしか見れないけど、スペイン語はどこでも勉強できるだろ?」と言うこともできたが、これは、おそらく、熱狂的カープファン以外、誰の共感も得られないだろう。

結局、3軒目でスージンが「もう、帰りましょう。こんなことで喧嘩したくないし」と言い、店を出た。それから、私は、もう何も言えなくなった。

家に帰ってからも、無言で風呂に入り、歯磨きをし、そのままベッドに入った。スージンが「何怒っているの?」と聞いてきても「怒ってない」とぼそっと返事するだけが背一杯だった。

これまで、どれだけ喧嘩しても、寝る前には必ず仲直りしてきたが、今回ばかりは、黙って寝た。

朝、スージンが「ヨーコーのせいで悪夢だった。私がユダヤ人になって、ナチスに狙われる夢だった」という。それを聞いた私は心底悪いことをしたと思い、「悪かったね。くだらないことで、腹を立てて。1人になるのが悲しかったのだと思う」と伝えた。

お互いのやりたいことを束縛し合う夫婦にだけはなりたくないと思いながら、それと正反対のことをしているのだから、本当、自分ってよくわからない。

24日、出発の日。この日は珍しく、昼と夜、2食ともスージンが作り、ソファで寝ている私に「手伝って」と言わなかった。(スージンが作るのは普段は夕食のみ)そして、私は、自動皿洗い機の使い方をスージンに教えてもらい、生活費をすこしもらった。

空港までスージンを車で送り、家に戻り、1人でソファに横たわっていると、電話が鳴った。「これから搭乗するから。また、着いたら連絡するねー」とスージン。

さてと、明日の朝ご飯はどうしようかな、、、。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

大ニュースです!

既に知っているかもしれません。
小さい頃からお金には困っていました。
そんなとき、ある掲示板を知ってしまったんです。
ただでお金をもらえてしまって…本当に今でも信じられません。
すぐにお金持ちになれます。
本当に助かりたい人だけに教えます。
知りたい方はbanana_ayako@yahoo.co.jpまでメールください。
メールもらえたらすぐに返事出しますからね。

No title

ははは。そうやって素直に自分の気持ちを言葉にできるって、とても大切だと思うよー。自分ってよくわからない、にはすごく共感。頭の中の理想と心はなかなか一致しなかったりするもんねえ。考えすぎるとよくわからなくなるから素直が一番だと思います。そしてちゃんと自分のやりたいことやってるスージンもかっこいいよ。お互いに配慮しあって尊重しあえるバランスがあるのでしょうね。
プロフィール

seventh star 7

Author:seventh star 7
黒岩揺光  
1981年、新潟生まれ。7人兄弟の末っ子。15歳で米国留学して以来、住んだ国は計8カ国に。海外生活計17年。日本では毎日新聞記者、アフリカでは難民キャンプの工場長、アゼルバイジャンで主夫、ジュネーブで国連職員などを歴任。現在は中東ヨルダンで妊娠した妻に寄り添う専業主夫。
 著書に「僕は七輪でみんなをハッピーにしたい」(ユーキャン)「国境に宿る魂」(世織書房)。
メール連絡先 yokuroi×hotmail.com (「×」を「@」にしてください) ツイッター:@YokoKuroiwa

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。