スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読者の皆様へ。感謝の言葉。

読者の皆さまへ

このたびは、私の朝日の投稿記事にたくさんの反響を頂き、ありがとうございました!Eメールやフェースブックを通して30人以上の方から感想をいただきました。毎日新聞時代を含め、一つの記事で、こんなに多くの方から感想を頂くのは初めてのことでした。

新潟の実家にも「感動した」などとの電話があったようです。もちろん、全員、知り合いの方なのですが、数年、音信不通になっていた従兄弟や、普段、ほとんど連絡を取らない知り合いが大部分を占めました。

国際機関の元職員で、結婚して日本に戻られた友人(女性)は、短期コンサルの仕事を見つけたが、出産を機に契約が更新されなかったということです。「日本で女性の働きづらさを実感しました」といい、私の記事が「心に響いた」と言っていただきました。

もうすぐ2人目が生まれるという30代男性の方は、地方支社で働きながら、何とか育児と仕事を両立させているということです。しかし、これから本社に上がることになれば、育児に費やせる時間がなくなることを危惧し、「育児の後に、当たり前のように就職活動できる社会になってくれたらいい」と指摘しました。

ジェンダーを専門にされているある大学の非常勤講師の方(女性)によると、「日本の男女共同参画といわれるものは、どうも、女性ばかりになっていて、育児や介護をしたいといっている男性を支援する対策が見落とされがち」ということでした。

子どもが二人いる友人(男性)は、これまで、夫婦間の、家庭観や子育てに関する認識の違いで、家庭的危機が何度かあったそうです。「その認識の違いの大元の原因が、日本の社会にあると思います」と指摘し、「女性をもっと社会に登用しようということ自体が、とても男の世界の発想」と、政府の政策に対しては、何かしらしらけるところがあったということですが、「黒岩さんの文を読んで、具体的ないい言葉が見つかった気がします」と、これまた最高のお褒めの言葉を頂戴しました。

これだけ多くの感想をいただき、私も何か原点に立ち戻ることができたような気がします。すでに、何百本のブログ記事を書いてきましたが、これまで一度も読者の皆さんに「お礼」をしたことがなかったことに気づきました。最初に私が何か書こうと思い立ったのは、20歳のとき、タイの難民キャンプを訪れたときでした。そのときは、「誰も私の文章なんて読んでくれないだろうけど、でもせめて、親くらいは読んでくれるだろう」という思いがペンを走らせました。読み手あったの書き手なのです。

だから、今回、皆様のおかげで、もっと書こうというエネルギーをいただきました。ながーくて、つたない文章ですが、どうか、これからもよろしくお願いします。皆様から色々勉強しながら、一字一字、ゆっくり綴っていきたいと思います。また、心に響く文章が書けるように。



スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

seventh star 7

Author:seventh star 7
黒岩揺光  
1981年、新潟生まれ。7人兄弟の末っ子。15歳で米国留学して以来、住んだ国は計8カ国に。海外生活計17年。日本では毎日新聞記者、アフリカでは難民キャンプの工場長、アゼルバイジャンで主夫、ジュネーブで国連職員などを歴任。現在は中東ヨルダンで妊娠した妻に寄り添う専業主夫。
 著書に「僕は七輪でみんなをハッピーにしたい」(ユーキャン)「国境に宿る魂」(世織書房)。
メール連絡先 yokuroi×hotmail.com (「×」を「@」にしてください) ツイッター:@YokoKuroiwa

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。