スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初めての一人旅 その1ーー戦争と地方活性化ーー


仙台での防災会議が終わり、休暇で韓国に行った。

韓国語が多少できる程度になって以来、初めての韓国。これまでの旅行は、英語を話せる現地人との交流に限られてきたが、今回は、すべての現地人と話せる初めての一人旅。

韓国のどこに行くか。

観光地でもなく、都市でもない、誰も行かなそうな田舎の町に行きたい。Googleマップでソウルから2−3時間で行けるところを探してみた。そしたら、北東約100キロの北朝鮮との国境沿いに、「フワチョン」(화천)という町が目に留まった。単純に、新潟の実家のように、山に囲まれ、大きな川沿いにあるという理由で。Wikipediaによると、人口2万人。私の実家がある旧大和町の人口が1万5000人だから、似た規模だ。フワチョンの周辺には韓国軍の大きな基地もあり、軍人が2−3万人いるという。

町民と軍人の数が同じ、、、。北朝鮮から9キロという距離で、韓国の田舎で暮らす人はどういう生活を送っているのだろう。興味が湧いてきた。

ソウルからバスで約2時間半でフワチョンに着いた。まず、入った食堂のおばさんに、妻から紹介された、韓国の伝統家屋のペンションの電話番号を伝える。

私に携帯電話がないことを伝えると、おばさんが自分の携帯で電話してくれた。「このペンションは一泊1万5000円ですって!駄目よ。こんな高いところわ」とおばさんは言う。

確かに高い。

私は、そのまま食堂を出て、町を歩いてみることにした。平屋の食堂や八百屋、薬屋など数十軒が立ち並ぶアーケードを抜けると、体長15メートルはありそうな釣りをしている熊の模型が川沿いに現れた。フワチョンは釣り祭りが有名で、1月になると大勢の観光客でにぎわうという。

その模型の近くに「カフェABLE」という洒落たガラス張りの喫茶店があった。パンチパーマの30歳くらいの男性店員がレジに座り、Wi-Fiが使えることを確認し、テーブルに座る。

カプチーノが一杯550円。ソウル並みの値段だ。昨年5月にオープンしたばかりだという。しかも、この喫茶店、食事は取り扱っておらず、コーヒーとケーキだけを出す。私の旧大和町で、飲み物とケーキだけで経営が成り立つ喫茶店は少ない(ていうか、知らない)。高級ペンションといい、このカフェといい、謎が多い町である。

チーズケーキとレモン茶を頼み、パソコンで宿探しをする。妻が紹介してくれたペンションは他にもう1軒あり、男性店員に見せると、電話してくれた。素泊まり一泊8500円ということ。高いな。でも、韓国の伝統家屋があるというし、こんな田舎で、そんな高級ペンションの経営が成り立つ理由を知りたいと思い、予約をお願いした。
歩いて20分でペンションがあるという。川沿いがサイクリングコースになっていて、そこを歩く。

10分ほど歩いたら、前方に数百人の軍人に出くわした。幅5メートルほどあるサイクリングコースの両端に列をなして座り込んでいる。タバコを吸ったり、チョコレートを食べたりしている。休憩中か。真ん中2メートルほどが空いているため、通り抜けることはできなくもない。しかし、軍服にヘルメット、大きなライフル銃を抱える軍人たちの間を通り抜けてもいいものだろうか。サイクリングコースを出て、車道を歩くこともできたが、それも危ない。

korea army


一番手前に居座る年配の軍人に「ここ歩いてもいいですか?」と聞くと、「はい、いいですよ」と笑顔で答えてくれたため、おそるおそる、軍人たちの間を歩くことに。

裸足になって足を休めるものもいれば、私をじろじろ見渡すものもいる。両端から足を延ばされると、私の歩くスペースがなくなると思ったのか「足をどかせ!」と一人が号令すると「はい!」と他の軍人たちが返事をし、一斉に座り方を変える。

ほとんどが20歳前後に見える。韓国では2年間の徴兵制度が男性全員に課せられ、大多数が大学在学中に徴兵される。紛争地帯近くの難民キャンプで働いてきた私も、数百丁のライフル銃に囲まれるのは初めてのこと。

軍人の訓練が一般市民とこんな近くで実施されているということに驚き、いまだに65年前の朝鮮戦争は「休戦状態」であって、正式には終わっていないということを肌で感じた。

200メートルほどはあっただろうか、軍人たちの間を通り過ぎた後、左手にペンションが見えてきた。

眼鏡をかけた中太りの青年が出てきて、「あなたが日本人のお客さんですか?」と声かけてきた。2階建ての部屋は、1階に台所とトイレ、シャワーがあり、2階にベットとテレビ、ソファーがある。ベランダからは山と川が見渡せ、1階の玄関の前にはテラスがあって、バーベキューセットとテーブルがある。

traditional house korea

pension view


その青年は27歳。1時間半離れた町で生まれ育ち、父親が今でも、そこで銀行員をしているという。4年前、専業主婦だった母が単身で故郷のフワチョンに移り住み、このペンションを建てた。父は週末ごとにフワチョンに来る「週末夫婦」だという。

青年は大学卒業と同時に、母の新しいビジネスを手伝うため、フワチョンにやってきた。韓国の伝統芸術を大学で専攻した一つ年下の妹もフワチョンに移住し、6月に、ペンション内に茶房をオープンする。メニューには韓国の伝統茶道で作る十数類のお茶と茶菓子が並ぶという。

ペンションは週末はほとんど満杯。私が泊まった日は、火曜日でお客は私だけだったが、次の日は二組、その次は四組が来るという。

川沿いには、多くのペンションやレストランが立ち並ぶ。確かに山と川はきれいだが、それだけでこれだけの数のペンションや民宿の経営が成り立つとは到底思えない。素泊まりペンションだから、「夕ご飯は近くで食べれますか?」と尋ねると、「隣にオーガニックな鶏の店がありますが、一番安いメニューで3800円」という。高!そもそも、お客が一人で来ることが想定されてないため、2−3人分のメニューなのだろうが、それでも高い。

「ペンションには、どんな人が泊まりにくるのですか?」と尋ねたら、「ほとんどが軍人の家族たちです。年に1度か2度、離ればなれに暮らす息子に会いに来るんです」と言う。

なるほどーー。2万人の軍人のうち、大多数は徴用兵。彼らが、基地を出れるのは、年間30日の休暇中のみ(土日も出れない)。彼らが半日かけて実家まで戻るよりも、家族が基地近くまで来る方が、より長い時間家族と過ごせる。そして、「久しぶりの休暇だ。好きなもの食べなさい」と家族から言われた20歳前後の息子たちのニーズを満たすレストランが数多くでき、一杯550円のカプチーノも、都会暮らしに慣れた若者たちが、僻地での徴兵生活から一服するためにあるのだろう。

単純に2万人の家族が年に2回、息子に会いに来ると計算したら、1日平均108家族がフワチョンを訪れる計算になる。それに、軍人の恋人や友人を入れたら、その数はさらに増える。ものすごい経済効果だ。戦争による、地方の経済活性化か。なんか皮肉な構図である。(続く)
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

seventh star 7

Author:seventh star 7
黒岩揺光  
1981年、新潟生まれ。7人兄弟の末っ子。15歳で米国留学して以来、住んだ国は計8カ国に。海外生活計17年。日本では毎日新聞記者、アフリカでは難民キャンプの工場長、アゼルバイジャンで主夫、ジュネーブで国連職員などを歴任。現在は中東ヨルダンで妊娠した妻に寄り添う専業主夫。
 著書に「僕は七輪でみんなをハッピーにしたい」(ユーキャン)「国境に宿る魂」(世織書房)。
メール連絡先 yokuroi×hotmail.com (「×」を「@」にしてください) ツイッター:@YokoKuroiwa

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。