スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっぱり現場に戻りたい

UNHCRには「緊急援助ロスター」という、難民が大量発生する地域に瞬時に職員を派遣する制度がある。毎年、3−4回、世界中で働くUNHCR職員に募集をかけ、40人を選抜。選抜されたら、10日間の特別研修を受けた後、招集がかかれば72時間以内に、現場に出動し、2−3ヶ月間そこで働くことになる。

妻は2012年に選抜され、南スーダンに3ヶ月間派遣された。仮説のプレハブ小屋に3人共同で寝泊まりし、毎日ヤギ肉のシチューを食べる生活で、げっそり痩せて帰ってきた。

UNHCRにとって主要活動の一つである緊急援助。そのロスターに選抜されるかどうかは、今後のキャリアを積んでいくうえでも重要な要素だし、すでにダダーブを離れて2年半になり、現場が恋しくなっている自分がいた。

昨年、ロスターに応募しようか妻に相談したら、「私はアゼルバイジャンでの仕事を辞めて、ジュネーブに来たのに、それで3ヶ月もいなくなるなんてありえない」と言われ、断念。

そして、ジュネーブでの共同生活が1年たち、ようやく妻も「行きたいのなら、応募してみたら」と承諾。

次に必要になるのは上司からの承諾。直属の上司だけでなく、上司の上司の上司の上司にあたる、局長からの捺印が必要になる。なにせ、突然3ヶ月消えられるわけだから、その部署にとって欠かせない人材だとしたら、なかなか承諾はしてもらえない。そしたら「部署にとっては痛手だが、君のキャリアにとても重要だ」と上司4人がほぼ口を揃えて承諾。ちょっと複雑な気分(笑)。

応募しても選抜されなければ意味がない。多い時には300人が応募してくるこのロスター制度。選抜の際、優遇されるのは、妻みたいに難民認定作業にとって欠かせない、保護官や認定官などの経験を持つ職員や、緊急援助で重要になる、ロジスティック、人事、総務、広報の部署で働く人たちなど。私みたいに、元記者で七輪工場長という一貫性がないバックグラウンドだと選抜されるのはなかなか難しいのではないかと思われた。
そしたら、予想通り、合格ではなく、「補欠リスト」に入れられた。38人の合格者から辞退者が出た場合、繰り上げ合格になるという。補欠リストには8人も入れられ、そんなにたくさん辞退するかよー、と思いながら、日々の仕事をこなしていたら、2週間後、「研修に参加する準備をして。飛行機のチケットを予約して」という通知が届いた。

研修はノルウェーの「市民防衛隊基地」で開かれた。「市民防衛隊」というのは火災や洪水など自然災害時に市民の命を守るために結成された組織で、武器を持たない自衛隊みたいなもの。

研修にはアフリカ、中東、南米、アジアなどで働くUNHCR職員38人が集まった。パキスタン、イラク、ソマリアなど、現場中の現場で5年、10年、20年と働いてきたベテランもいた。

研修は想像以上にタフなもので、朝8時から夜8時までびっちり講義があり、講義後もグループ別に出された宿題をこなさなければならなかった。10日間の研修のうちの4日間は「キャンプ生活」を想定したもので、大きな運動場に場所を移し、各チームに二つのテントが与えられ、そこで仕事をしながら寝食を共にした。

IMG_1995.jpg


中央アフリカ共和国から押し寄せてきた数万人の難民から、5000人を新しいキャンプへ移動する計画を立てる宿題が出され、10人のチームでプランを練った。新しい土地にキャンプを設立する際の交渉術や、国境で難民が祖国へ強制送還させられる場面での軍との交渉方法を学ぶため、実際にノルウェー人の一般市民50人に軍、政府関係者、援助関係者、難民の役をそれぞれ演じてもらい、シミュレーション形式で学んだ。とても実用的な研修とは聞いていたが、まさか、地元市民を動員するような組織性があるものとは想像もしていなかったため、驚いた。

難民に暴力を振るう軍人、おなかがすいたと叫ぶ難民、「国連は何をしにきた!」と叫ぶ地元政府関係者、そんな「緊急事態」で、様々な国籍の職員からなるチームとしてどう迅速に行動できるか。

IMG_1992.jpg


瞬時の決断が必要とされる中、イラク、パキスタン、ソマリアなど職員一人一人が自分たちの経験をもとに話し合い、ベストな方法を模索する。そして、シミュレーション後は、講師たちとの反省会。ここをこうすべきだった。ああすべきだった。ダダーブでの2年8ヶ月の記憶がよみがえり、「現場の匂い」が自分の体を包んでいった。

IMG_2013.jpg


参加者の国籍の多様性はすさまじい。イラク、アフガン、グルジア、マケドニア、ハンガリー、韓国、日本、フィンランド、米国、ドイツ、ウガンダ、コンゴ、ケニア、ガーナ、モーリタニア、スーダン、エチオピア、イラン、パキスタン、ネパール、インドネシア、タイ、フランス、ロシア、イタリア、ベニン、トルコ。

研修は無事終了。これで、私は、いつでも「招集」がかかる身となった。はたして、招集はいつかかるのか。そしてどこへ派遣されるのか。そして、今度はどんなすばらしい同僚たちとの出会いがあるのか。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

seventh star 7

Author:seventh star 7
黒岩揺光  
1981年、新潟生まれ。7人兄弟の末っ子。15歳で米国留学して以来、住んだ国は計8カ国に。海外生活計17年。日本では毎日新聞記者、アフリカでは難民キャンプの工場長、アゼルバイジャンで主夫、ジュネーブで国連職員などを歴任。現在は中東ヨルダンで妊娠した妻に寄り添う専業主夫。
 著書に「僕は七輪でみんなをハッピーにしたい」(ユーキャン)「国境に宿る魂」(世織書房)。
メール連絡先 yokuroi×hotmail.com (「×」を「@」にしてください) ツイッター:@YokoKuroiwa

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。