スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夫婦のみの空間でしかできないこと

どの夫婦でも、夫婦のみの空間でしかできないことってある。あ、いえ、そっち方面の話じゃなくて、なんか、もっとアホらしいこと。

今日は、突然、米国での高校時代のどうでもいいような一コマが、なぜか頭に浮かび上がった。私が車の後部座席の真ん中に座って、両隣には野球部のチームメートがいた。夏の暑い日で、私が両腕をあげて体を伸ばしたら、 脇毛がTシャツからはみ出た。その瞬間、両隣のチームメートが鼻を押さえながら「腕を下げろ!」と言ってきた。脇毛から放たれた私の体臭、いわゆるワキガに耐えられなかったらしい。

そんなことを思い出しながら、ふと、「18年たった今も、臭うのだろうか?」という、極めて非生産的な疑問が頭に浮かんだ。おならと同じで、こういう臭さは、他人でないとわからない。誰かに嗅いでもらうしかない。

米国の高校時代、自分の口臭を気にしていた私は、毎朝、学校でタイラーとジョナサンという2人の友人の顔に口を近づけ「ハーー」と息を吐いて、口臭テストをしてもらっていた。ジョナサンは「今日は4点(10点満点中)だな」とか「うん、今日は悪くない。8点」と、点数をつけ、タイラーは「近くだとちょっと臭うけど、遠くなら大丈夫」とか言っていた。ある日、タイラーの顔の前でいつも通り「ハーー」としようとしたら、誤ってゲップが出た。「今日のはたまらなく臭かった」と言われた。この時、私は初めて、ゲップで発せられた口臭は普段のより臭いということを知った。タイラーは、「大体、なんで、お前の口の匂いをかがなきゃならないんだよ」と我に返ったようで、口臭テストを辞退。以降、ジョナサンだけがたよりになり、毎朝、10点が取れるよう、頑張った。

今となっては、タイラーもジョナサンも遠いアメリカだ。私のワキガのテストを頼めるのは、一人しかいない。今年のジュネーブの夏は暑い。普通に仕事をしているだけでも汗が出るほどだ。夕方の散歩から帰ってきたあと、上半身裸になって、ソファーでYouTubeを見ているスージンに「ちょっと、脇毛の匂いかいでくれない?」と頼んだ。

スージンは「え?頭おかしくなった?」といい、私は「いいだろ。ちょっとだけでいいんだ。昔、臭かったらしいんだけど、今でも臭いのか知りたいんだ」と右肩の脇を、ソファに横たわるスージンの顔に近づけようとした。

スージンは「ちょっと、辞めろ!」と言うが、私はスージンの腕を押さえて、脇を鼻に近づけようとした。スージンは鼻をつまみ、私の腕を噛むそぶりをして、脅した。

どうやら、彼女は、絶対に私の脇の匂いを嗅ぐつもりはないようだった。

私は諦めず、「ちょっと、テレビでも見よう」と2人並んでソファに座り、肩と肩を寄せ合った。テレビを見ながら笑うスージンに、「ちょっと、脇の匂い嗅いでくれへん」と関西弁で、お願いしてみたが、「もう、本当はテレビ見る気なんてないんでしょ!」と、立ち上がって、また、ソファでYouTubeを見始めた。

私は諦めた。ジョナサンが恋しくなった。多分、彼なら、今でも「うーん。今日は3点だな」とか言いながら、嗅いでくれたのだろう。良い友人に恵まれてた。

皆さんも、夫婦だけの空間でしかできないアホ行為、シェアしてみてくださいね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

seventh star 7

Author:seventh star 7
黒岩揺光  
1981年、新潟生まれ。7人兄弟の末っ子。15歳で米国留学して以来、住んだ国は計8カ国に。海外生活計17年。日本では毎日新聞記者、アフリカでは難民キャンプの工場長、アゼルバイジャンで主夫、ジュネーブで国連職員などを歴任。現在は中東ヨルダンで妊娠した妻に寄り添う専業主夫。
 著書に「僕は七輪でみんなをハッピーにしたい」(ユーキャン)「国境に宿る魂」(世織書房)。
メール連絡先 yokuroi×hotmail.com (「×」を「@」にしてください) ツイッター:@YokoKuroiwa

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。