スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

掃除は3K労働じゃない。家族と対話する時間である。

私は長い間、掃除と疎遠の生活を送ってきた。

私の実家は、7人兄弟で両親共働きで、経済的にもそこそこ恵まれていたため、家には毎日3時間、家政婦さんが来ていた。だから私は居間やトイレを掃除したことがなく、たまに自分の部屋を掃除するくらいだった。

掃除と完全に決別したのがアフリカ時代。ケニアの難民キャンプで勤務していたときは、国連に雇われた難民が私たちの部屋を掃除しに毎日来てくれていた。皿洗いさえしなくてよい生活になり、汚れた食器を台所に積み上げ、「どうせ明日掃除してもらえるのだから」と切った爪を床にそのまま置きっぱなしにしたことさえあった。

それでアゼルバイジャンで主夫になった時も、家政婦を週1回雇い、スイスでも月に2回雇った。お金で「3K労働」しなくてすむなら、それにこしたことはないと思っていたし、語学や執筆により時間をかけたいと思った。

そして今回、2度目の主夫生活。当然のことながら、妻は「良い家政婦さん探して」と言う。ここでは1回3000円ほどで雇えるため、経済的には不可能ではない。でも、数ヵ月後に父親となることを考えたとき、果たして、このまま「掃除」という家庭を切り盛りしていく上で欠かせない業務を避け続けていいのだろうかと感じるようになった。

「とりあえず、家政婦は雇わず、自分でできる限りの掃除はやってみたい」と妻に伝えると、「え?あなた掃除できない人間でしょ?今日だって洗面所汚かったし。早く家政婦さん雇って」と繰り返し言う。

完全に見下された気分になり、私は、スーパーで洗面所用、台所用、トイレ用の洗剤をそれぞれ買い(こんな色々な洗剤があるんだなーと思いながら)、スポンジや雑巾、マスクに手袋を揃え、いざ掃除を開始した。

トイレの中をごしごし洗う。洋服ダンスの埃を払う。1週間以上床に置きっぱなしになっていた鞄を整理する。時間をかけて、一つ一つきれいにしていくと、色々気づくことがある。

まず、埃がたまりやすいところは、高い棚の上とか、ベッドの下とか手が届かないにあることが多く、そこを掃除するためには、腕や足を伸ばしたり縮めたりとしなければならず、体がストレッチされるだけでなく、普段使わない筋肉が活性化されていく。幼少時代、家に来ていた家政婦さんが冬でも薄着で「寒くないの?」と尋ねると、「体を動かしているから暖かいんだよ」と言っていたのを思い出す。

次に、単純に家が自分の力で綺麗になるというのは気持ちがいいし、国連の仕事と違って(笑)、120パーセント確実に「成果」が出る(国連信仰者の皆さんすみません)。国連勤務時代なんて、「本当に、この仕事、難民にとって必要なの?」と思いながら仕事することがあったけど、家の掃除はそんな疑いの余地はない。確実に受益者(妻)に喜んでもらえる。これは家事全般に通じますね。

最後に、掃除は隣人を知る良い機会だ。よく、ドラマで、夫の背広に女の香水の臭いに気づく妻のシーンが出てくるが、これに似た論理かもしれない。改めて家全体を整理してみると、食卓の上やベッド横に使用後の鼻紙が散らばっていることがわかり、妻の花粉症の深刻さが伝わってくる(できればゴミ箱に捨てて欲しいという気持ちはあるが笑)。居間のテーブルにずっと置いてある薬が、妊娠中に採取すべきビタミン剤だというのも、この薬をどこに整理すればいいのか考えることで、初めてわかった。これによって、妻が仕事を終えて帰ってくると、それらについて尋ね、妊娠中だから服用できる薬が限られることの辛さに、より思いを馳せることができる。掃除が家族との会話の役割を果たしてくれる。

そして、改めて、自分が父親になることを考えたとき、自分の子にはしっかり掃除ができる子に育ってほしいと思う。それには、自分が掃除を楽しんでやる姿を見せなければいけない。自分の様に語学や執筆などで社会的に認められることに執着せず、掃除という家族との会話を大事にできる子どもになってほしい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

seventh star 7

Author:seventh star 7
黒岩揺光  
1981年、新潟生まれ。7人兄弟の末っ子。15歳で米国留学して以来、住んだ国は計8カ国に。海外生活計17年。日本では毎日新聞記者、アフリカでは難民キャンプの工場長、アゼルバイジャンで主夫、ジュネーブで国連職員などを歴任。現在は中東ヨルダンで妊娠した妻に寄り添う専業主夫。
 著書に「僕は七輪でみんなをハッピーにしたい」(ユーキャン)「国境に宿る魂」(世織書房)。
メール連絡先 yokuroi×hotmail.com (「×」を「@」にしてください) ツイッター:@YokoKuroiwa

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。