スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

治安悪化は弊害なのか?

1月19日、ダダーブで活動する約30の団体の代表が集まる代表会議。今年初めての会合ということで「2012年の課題」について、話し合った。
 
 最大の懸案事項は、治安悪化の中で、どうやって支援を継続するか。昨年末に警察官を狙った地雷爆発があり、今月初旬には、治安担当をしていた難民リーダー2人がキャンプ内で銃で撃たれて殺された。殺害の背景には、ケニア警察と協力関係にあることから、ソマリアのイスラム武装集団に、「裏切り者」扱いされたのではないかという声もある。これによって、難民の中には、ナイロビやソマリア国内へ避難する者まで出て来た。

 昨年10月に援助関係者3人が拉致され、いまだに行方がわからない状況で、援助関係者を守るべき警察が狙われる事態となり、多くの活動が自粛状態にある。援助関係者の大部分が暮らすダダーブの住居施設から、キャンプまでは数キロあり、キャンプに行くことさえできない人がほとんどだ。会議の参加者からは、活動再開へ向け、色々な意見が交わされた。

 私は「確かに、今回の治安悪化は、活動に多くの弊害をもたらしました。しかし、逆に、良い機会でもあると思います。これによって、私たちは、難民たちに活動の一端を担ってもらう重要性を再認識させられたからです。

 私のNGO,ライフラインには40人の従業員がいますが、難民でないのは私だけです。七厘の生産、調達、説明会、物資の運搬・調達、すべて難民従業員だけで担っています。そのおかげで、今回の治安悪化をうけても、活動を自粛する必要はありませんでした。

 しかし、私が昨年6月にライフラインに入った時、従業員たちに、そこまでの自立精神はありませんでした。無断遅刻・欠勤は当たり前、横領もあれば、報告書に偽りの記載。そして、従業員自身が、なぜ、七厘を作り、配っているのか理解していませんでした。

 原因の一つに、私たちライフラインが、彼らに、七厘の重要性や、就業規則について十分な説明を行ってこなかったことにありました。まず、就業規則を見てみたら、私でも理解不能な難しい英語で書かれ、文字の読み書きさえわからない従業員に、理解しろといっても無理な代物でした。なので、私はそれを簡単な文章に直し、ソマリア語に訳し、半日、従業員と一緒に規則を読み上げ、理解を求めました。

 そして、七厘の重要性については、説明書を作り、研修を何度か行い、理解を得るようにしました。

 そうやって、彼らとコミュニケーションをとっていくうち、彼らの中に、何かが芽生え始めました。自分たちで、歌や劇のチームを作り、他の難民たちに七厘の重要性を伝えるようになりました。

 私が入った時、毎月400個くらいしか作っていなかった七厘が、今では1000個近くにまでなりました。

 2012年、私たちは、難民従業員との関わり方を見直すべきじゃないでしょうか?彼らにできることは何か、できないことは何かを調べ、できることは、できるだけ彼らに任せる。

 それによって、難民従業員が、私たちの仕事を奪い、結果として仕事を失う人も出てくるかもしれない。でも、ソマリアの政情不安と一生関わっていくのは、私たちやケニア人ではなく、難民自身です。私たちは、あくまで外部者であって、ソマリアと一生関わっていくことは難しい。だから、できるだけ彼らに責任を与え、彼らがソマリアに戻った時、彼ら自身の手で援助ができることを皆で願おうではないか」

 先輩たちの前で発言するのは、いつも緊張し、心拍数が上がる。でも、会議後、「今度、話を聞かせてくれ」と私の電話番号を求めてくる参加者もいて、嬉しかった。ピンチをチャンスに切り替えられるか。正念場だ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

seventh star 7

Author:seventh star 7
黒岩揺光  
1981年、新潟生まれ。7人兄弟の末っ子。15歳で米国留学して以来、住んだ国は計8カ国に。海外生活計17年。日本では毎日新聞記者、アフリカでは難民キャンプの工場長、アゼルバイジャンで主夫、ジュネーブで国連職員などを歴任。現在は中東ヨルダンで妊娠した妻に寄り添う専業主夫。
 著書に「僕は七輪でみんなをハッピーにしたい」(ユーキャン)「国境に宿る魂」(世織書房)。
メール連絡先 yokuroi×hotmail.com (「×」を「@」にしてください) ツイッター:@YokoKuroiwa

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。