スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

停職処分されても、あなたは私のボスですから

キャンプに住んでいる人は、あらゆる面で私とはかけ離れた人生を送ってきている。そんな彼らから学ぶことは多い。今日は、そのことを改めて思い知らされた。

正午ごろ、いつもの様に工場での仕事を終えて、国連の事務所に向かって難民キャンプの市場を歩いていると、後ろから「Yoko!」と私の名前を叫ぶ声が。振り返ると、何と、そこには、先日停職処分を下したイブラヒムが笑顔で手を振って歩いてきた。私は、思わず嬉しくなって、イブラヒムと抱き合って再会を喜び合った。停職処分を下した日は、かなり落ち込んでいる様子だった。私を怨んでいるんじゃないかと思ったし、停職期間中に一度は様子を見に行こうと考えていたところだった。まさか、笑顔で歩み寄られるとは思ってもいなかった。
 出勤してくるときは汚いTシャツを着ているイブラヒムだが、今日は「お出かけ用」なのか、襟付きの白いシャツを着ている。ポケットから紙を取り出し、「病院に行ってきた」と片言の英語で話しかけてきた。「病気なのか?」と、ジェスチャーを使いながら聞くと、「今は、大丈夫」だと答えた。
 国連事務所でジュースを買って、2人で飲んだ。事務所にいる通訳にお願いして、イブラヒムに色々聞いてみた。

私:何の病気なの?
イ:マラリア。
私:え!!もう大丈夫なの?
イ:はい。
私:毎日、どうして過ごしているの?
イ:特に何もしていません。
私:8月には戻ってくるね。
イ:はい。明日にでも戻れますけど。
私:いや。罰則を受けたのだから、それは無理だけど。なんで、停職処分を受けたのかは分かっている?
イ:私が出勤していないのに、出勤したと嘘をついたからです。
私:うん。なんで、そんな嘘をついたの?
イ:わからない。もう、絶対、あんなことはしません。これが最後です。
私:今日は、とても嬉しそうに私に挨拶してくれたけど、私に停職処分を下されたのに、気まずくなかった?私に対して怒っていたのではない?
イ:そんなことないですよ!あなたは私のボスなのですから。怒ったりしないですよ。

 イブラヒムの言葉に、私はしばし言葉を失った。私だったら、自分を停職処分にした上司に対して、あんな自然な笑顔で歩み寄ることはできない。おそらく、上司に気づかれないように、その場から去るだろう。プライドを傷つけられたという自分のエゴか。それとも、上司に対して迷惑をかけたという気まずさからか。いや、相手から嫌われる前に、その人間関係を断つことで、自尊心を保とうとする「臆病さ」かもしれない。

 イブラヒムは28歳。ソマリアでは農家で、トマトや玉ねぎなどを耕していた。2007年に戦闘の激化で父親を亡くし、難民キャンプに来た。1人目の妻とは離婚。2人目の妻もソマリアに帰ってしまい、今は、1人暮らしだという。キャンプに住む孤独な若者だ。

 私が2人の従業員を停職処分にしたことを国連の友人らに話すと、「報復されるんじゃないか?」とからかわれた。確かに、これまでも、難民キャンプでは、従業員を解雇した団体の車や事務所に石が投げられるケースがあった。しかも、キャンプの若者は「暴力的」というイメージがある。実際、私も全く報復を恐れなかったと言えば嘘になる。

 私を含めて誰も、停職処分を受けた本人から笑顔で歩み寄られるなんて思わなかった。「治安の悪い難民キャンプ」「就職ができず、暴力的な若者」。ダダーブ難民キャンプが国際メディアに取り上げられる時、よく「テロの温床」として扱われることがある。でも、そんなキャンプの中にも、私が生まれ育った平和な日本では学べなかった美しい感動はあるのだ。

 色々書いてしまったが、イブラヒムが、実は自分がしたことに全く反省しておらず、一か月の「休暇」を楽しんでいたから笑顔だったのかもしれない(笑)。それで「ボス、休みをありがとう!」と言うために歩み寄ったのだとしたら、それはもう笑い話でしかない。8月からの彼の勤務態度でその説はないということを証明してほしい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

seventh star 7

Author:seventh star 7
黒岩揺光  
1981年、新潟生まれ。7人兄弟の末っ子。15歳で米国留学して以来、住んだ国は計8カ国に。海外生活計17年。日本では毎日新聞記者、アフリカでは難民キャンプの工場長、アゼルバイジャンで主夫、ジュネーブで国連職員などを歴任。現在は中東ヨルダンで妊娠した妻に寄り添う専業主夫。
 著書に「僕は七輪でみんなをハッピーにしたい」(ユーキャン)「国境に宿る魂」(世織書房)。
メール連絡先 yokuroi×hotmail.com (「×」を「@」にしてください) ツイッター:@YokoKuroiwa

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。